HOME

2015年現在、ハワイ歴21回の経験を踏まえて、思うところをまとめています

第2400回 明日からバンコク入りです、ハワイ家族旅行初心者へのアドバイス

  明日からバンコクに行って飲み歩いてくる予定です。といっても最近めっきりアルコールに弱くなったなと感じています。そんな旅行の前日にこのブログもめでたく?2400回となりました。

 途中数字を間違えたりしている事もあると思うので、正確に2400回ではないと思いますが、1日1記事を基本にしているので、まあ7年ぐらい続いていることになります。

 ちなみにバンコクからは9日に帰ってくるのですが、帰国便の台北から成田の便は、そのまま成田からのホノルル便となります。機内に隠れていれば?ホノルルにそのまま行けてしまう事になりますが、まあそんなことをする人はいないと思います。

 ただ降りるときにいつも、「あ~これからこの機材はホノルルまで行くのかあ~」と思いつつ、飛行機を一瞥して入国審査に向かっています。

パシフィックビジネスニュースより

 ワードの映画館から近いところにあるビールで有名な「リアル・ア・ガストロパブ」のオーナーさんが、チャイナタウンのベゼル通りに新しく「Palate」という店をオープンさせたようです。

 地ビールとカクテルを楽しめる店で、住所は1121 Bethel Stとなっています。グーグルマップで見たら、ウォルマートのちょっと山側にあるみたいです。機会があったら外観だけでも見に行きたいなと思います。

 ワイキキのカラカウア通り沿いにフリーwifiスポットが整備されているようです。私はスマホは基本的に使っていないのでポケモンgoも良くわからないのですが、ワイキキの街歩きだけならポケットwifiを持ち歩く必要はなくなるのかもしれません。

 という事はカラカウア通りあたりでもポケモンを探してウロウロしている旅行者がますます増えるということになるのかもしれません。

 さて日刊ローカルニュースの数字を見ても、ハワイ入りする人の数がぐんぐん増えている様子がよく分かります。家族で初めてハワイに行くという人も多いと思います。初めての場合はツアーが多いかと思いますが、アドバイスをいくつか。今日は飛行機編

・ 飛行機の上昇下降時に生じる気圧差で、子供は耳が痛くなることがあります。事前に飴を舐めさせるなんてことはよく言われますが、基本的に下顎を上下にかくかく動かすことで解消することも多いです 

・ 普段車でベルトをつける習慣のない子供は、飛行機の安全ベルトを嫌がることがあります。普段からの習慣にすべきだと思います

・ 幼児の場合は、空港に着くまでや、空港に着いてから少し運動させて寝やすい体調にしておくと親も楽です

・ エコノミー席のひじ掛けは上に上がるので、これを有効活用すると座席が少し広く活用できます

・ 日本を深夜に出発するハワイ便でも、ホノルルに到着するのは日本時間の3~6時ですから、幼児も大人も体力的にきついです。そのことを意識して普段から早寝早起きの習慣が必要かもしれません

・ 機内は航空会社にもよりますが意外に冷えることがあります。ハワイだ~と思って軽装で行くと、機内で震えながら寝るという事になる可能性があります

・ 機内は湿度が低く乾燥します。(だから飲み物が頻繁に提供されるのだと思っています)場合によっては風邪をひいていなくてもマスクをつけると楽かもしれません。(特に口呼吸の人)

・ 機内で子供が腹痛を訴えたときなど、フライトアテンダントに申し出ると胃腸薬をもらえる場合もあります。ただアレルギーとか副作用の関係もあり、あまり提供したくはないようです。我が家の息子が一度だけ体験しましたが、自己責任で服用させてくださいと言われました。 

 

 

第2399回 ハワイ一人旅について

  明後日早朝から10泊11日のハワイ旅行に代わるバンコク旅行に出発するので、若干更新が今後滞ると思います。ただバンコク旅行中もホテルからネットには接続できますので、更新は可能。

 しかもバンコク旅行の場合は、だいたい朝食後10時~11時ぐらいまでは部屋でのんびりし、昼を食べに出かけるというスタイルが多いので、その間に多少は更新するつもりです。

スターアドバタイザーの記事より

 再開発中のインターナショナルマーケットプレイスですが、8/25にオープンだそうで、すでに各種のレストランのオープンが決まっているようです。お盆の時期に間に合えば、日本人観光客も押し寄せたと思うのですが残念です。

 ハワイ島の海に流れ込んだ溶岩の写真がトップページに出ています。驚いたのはそのすぐそばに人がいること。こんな近くまで見に行くことができるのでしょうか?ちょっと信じられません。 

トラベルビジョンより

 JTBの海外旅行意欲の調査によれば、海外旅行に行きたいと考えている人は依然として増加中だそうです。また一人旅も増えているそうで、年代的には20代の女性と60代男性が増えているみたいです。

 特にハワイの場合は女性の一人旅も安心していけると思いますので、今後も増える可能性がありそうです。一方男性シニアにハワイ一人旅は向かないと考える人も多いと思いますが、日程とお金が許せば、一人旅でも十分楽しめると私は思っています。

 問題はいくつかありますが、共通しているのは、ちょっと前にも少し触れましたが旅費が高くつくこと。とはいえ二人で行くより総額は安くなります。一人当たりに換算すると高く感じられてしまうという事です。

 もう一つは語学の問題。誰でもそうですが、二人以上なら多少英語が分からなくても互いに励ましあって、分かる単語の範囲で旅を楽しむことができますが、一人旅の場合はすべて自分一人で判断、決定しなくてはならず、それがちょっと不安かも。

 ただしワイキキやアラモアナあたりで遊ぶだけならほとんど問題はないと思います。ジェスチャーや片言の英語、更には日本語だけでもなんとかなる環境が整っています。

 またそういったちょっと苦労した旅の方が、帰国後の印象に強く残るはずです。このあたり今の若い女性は英語教育もしっかりしていると思われるのでそれほど心配する必要はないかも。

 厳しいのはむしろ私の年代ですね。バンコク旅行に行って片言ながら英語でしゃべっていると、この年齢で英語が通じるのは珍しいようです。つまりバンコクに遊びに行く日本人シニアのかなり多くの人が、日本語が通じる領域だけで遊んでいるという事のようです。

 これはハワイでも同様で、とにかく片言でも英語が口から出れば、旅はずいぶん楽になるなと最近は感じています。

 最後に一人旅で苦労するのが食事。特にハワイで若い女性が一人でとなると、特に他人の目を意識したり、挙動に不安を感じる人は選択肢が限られそうで、どうしても日本語が通じやすい和食の店やフードコートの利用が多くなるような気もします。

 しかし折角のハワイ旅行で、夕食はいやす夢のおにぎりや弁当では実にもったいない。欧米文化では自立した人間が評価されるようですから、一人でも堂々と振る舞えばいいのかなと思うようになっています。

 ただし支払い時のチップ等の事前勉強は多少必要かもしれません。後はニコニコしていれば、自然にハワイを楽しめる雰囲気に浸れるのではないでしょうか。

 

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク


アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
10位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール