HOME

2015年現在、ハワイ歴21回の経験を踏まえて、思うところをまとめています

第2571回 ホノルル空港に到着したら

  夏休みが近づいてきました。ハワイ旅行の計画もあり、情報収集にいそしんでいる方も多いと思います。昨日はイミグレについて書きましたが、ついでなので今日はその続きを書きます。

 パック旅行というかツアーの場合は、飛行機を降りてから空港で送迎バスに乗るまでは自力で移動しないといけません。というわけで最初に迷うのが、飛行機を出てイミグレに無事たどり着けるかということです。

 しかしこれは心配する必要は全くありません。すべての乗客が飛行機を降りるといったんイミグレに向かいますので、みんなが行く方向に歩いていけばOKです。

 ちなみにビジネスクラスで誰よりも早く最初に飛行機を降りた場合はどうするか?その場合は少し歩調を緩めて、周りの景色を見ながら歩いていけば、要所要所に係員さんがいて、「こっちに行け」と示してくれます。空港内は入り組んでいますが、基本的に1本道なので迷う心配はないと思います。

 無事体育館のような広さのイミグレに到着したら、日本人は左側の奥の方に向かいます。するとやはり係員さんがいて、この列に並べと指示があります。

 ちなみに飛行機を出てからイミグレまで、ほとんどトイレはありませんが、イミグレの入り口近くにトイレがあります。なおイミグレは写真撮影禁止です。記念にしようと思いスマホやカメラをかざしていると、注意されます。

 イミグレでの質問は昨日の記事の通りですが、そこを無事通り抜け、エスカレーターまたは階段で下に降りるとスーツケース受け取りとなります。

 電光掲示板で自分が乗ってきた飛行機の便名を見つけると、スーツケースの出てくるターンテーブルの番号がわかります。ちなみに最近はコードシェア便が増えているので、一見した時自分の飛行機が見つからない場合があります。

 それでも焦らずしばらく待っていると掲示板の表示が入れ替わって表示されるので、それで見つけることができます。該当場所に出向くと、すでにターンテーブルが回転し、スーツケースが回っていることがあります。

 この場合最初に出てきたスーツケースはターンテーブル周辺に取り出されて並べられていることが多いです。ですからターンテーブル上だけでなく、周辺に並べられているスーツケースを探す必要があります。

 またスーツケース周辺では可愛らしい犬が徘徊し、スーツケースを嗅ぎまわっていることがありますが、これは持ち込み禁止の食物等の検査になるようです。

 スーツケースを見つけたら、次は税関。ほとんどに人が無申告で済むと思うので、緑に塗られたレーンに進み、そのまま通過します。申告するものがある場合は赤いレーンです。

 税関を抜けると、通路は左右に分かれます。パックツアーの場合は左折。個人手配でロバーツシャトルを予約した場合やその他の送迎シャトルを予約した場合も左折。また離島に向かう場合も左折です。

 ちなみに離島の場合、左折してちょっと進んだ右側に、目的の島別にスーツケース預り所がありますので、ここにスーツケースを置けば自動的に目的の島まで運ばれるようです。

 一方タクシーやレンタカー、さらにスピーディシャトルを利用する場合は右折となります。


 

第2570回 ハワイの入国審査で尋ねられること

T-SITEより

 初めて「ひとりで海外旅行をするなら!勝手におすすめベスト3」という記事がありました。どうやら女性の一人旅を対象にしているようですが、私のような男の一人旅にも該当しそうです。

 まず一人旅を楽しむことができる条件ですが、旅行先が

1 治安が良い

2 夜も危険が少ない

3 日本語が通じる、片言の英語でもなんとかなる

4 食べ物がおいしい

5 食事の量が多くない

6 衛生的

7 飛行機で5時間以内

 だそうです。というわけで、上記の条件に合致するベスト3が台湾、香港、オアフ島(ハワイ)だそうです。ハワイは他の二つに比べると、距離はあるし、食べ物の量も多いという欠点はあるものの、それ以外の条件はクリアしています。

 ちなみに記事内で、筆者と入国管理官とのやり取りが面白いですね。ただこの記述は15年前と書かれていますから、今の入国審査の雰囲気とはかなり違うかもしれません。
 
 ここのところ私は一人でハワイ入りをしていますが、イミグレで問題になるようなことはなかったです。唯一食べ物の持ち込みについて聞かれたのが印象に残っています。

 初めてのハワイ入りだとイミグレは緊張するでしょうね。これまで私がイミグレで聞かれた内容ですが、主に3つです。

1 旅行の目的

 観光(sight seeing」と答えておしまい

2 旅行期間

 one week、two weeks、10daysなど

3 食品は持っているか

 noまたはyesですが、yesの場合は食品名の英語リストを事前に作っておいてそれを見せました

というわけで、普通は問題なく入国できます。もちろん英語のやり取りは全くない場合もあります。一方英語がわからずモジモジしていると、逆に挙動不審ととらえられる可能性があるので、「英語は分かりません」とジェスチャー等で伝えた方が良いと思います。



 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール