HOME   »  未分類
Category | 未分類

第2985回 

  ちょっと冷え込みましたがおだやかな良い天気です。ハワイとは関係ありませんが、明日から5泊6日でバンコク、パタヤ旅行に出発です。

 今回は買い物でため込んだマイレージを使ってANAのビジネスクラスの特典航空券を予約しているので搭乗が楽しみ。出発は久しぶりに羽田空港から。

 羽田だと埼玉から車だと都心を横切ることになるので面倒。しかし、列車だと乗り換えがこれまた面倒。というわけで最寄駅からリムジンバスを予約してあります。

スターアドバタイザーの記事より

 オアフ島の西岸が荒れ模様となっているようで、カエナポイント方面のビーチがクローズとなっています。まあアウラニやコオリナ方面まで足を延ばす人は多いと思いますが、その先は観光客はあまり行きませんね。

 かつてレンタカーで数回オアフ島西海岸を目指したことがありますが、ナナクリあたりまで来ると、ちょっと住んでいる方たちの雰囲気も変化し、よそ者?への強い視線を感じました。

 ただその先、なんとヨコハマベイと名付けられた海岸があるのですが、ここの水は確かにきれいでした。若い人なら、そこから先の車では立ち入り禁止の区域を歩いてカエナポイントと呼ばれる場所まで行くことも可能。

 ただ距離的には5kmぐらいあるので、健脚向き。片道1.5時間ぐらい?野生のモンクシールにも高確率で出会えるそうで、もしかするとココヘッドクレーターの階段よりも平坦な分、楽なのかも。

 しかし往復3時間と考えると、まあシニアにはほぼ到達は不可能?オアフ島の秘境ですね。

 ちなみに上記ココヘッドクレーターの階段ですが、もともとはトロッコ列車の線路の枕木です。それが階段代わりに使われているわけですが、長い年月の間にあちこちが破損。

 枕木の下にぽっかり空洞が空いている場所が何カ所かあり、非常に危険ということで当局が修復を決断したそうです。というわけで修復前にスリルと絶景を楽しみたい人にはお勧めです。

 ただ私は2008年に一度行って、階段途中で心臓麻痺を起こすのではという不安を覚えましたので、ここも若いうちに行ったほうがいいですね。ちなみに実際に途中で動けなくなってヘリコプターで病院に搬送という事故も起きています。

 この時のココヘッドトレイル体験記はメインページにまとめていますので、チャレンジしたい方はどうぞ。しかしすでに10年たっていたんですね。驚きです。

 頂上からの景色は以下の通り。いつもより少し大きめの画像にしました。頂上からワイキキ、ハナウマ湾方面の景色です。

ここヘッド頂上から見たハナウマ湾、ワイキキ方面




 

第2984回 離島に行くならどの島を選ぶ?

 今日も朝方はちょっと冷え込みました。しかしその分しっかり寝て6時20分に起床です。カーテンを開けるときれいな青空。朝食後昨日小さな庭から撤去したブロッコリーの残骸をゴミ置き場へ。

 途中気温の低さを感じましたが、まある意味さわやか。しかし花粉は多い感じ。散歩をしたいなという気もするのですが、マスクをして出歩くのはつい面倒に感じられてしまいます。

日刊ローカルニュースより

 「ハワイアン航空が格安航空券を発売」という見出しを見て、「これはお得かも」と思って早速クリック。しかし内容は日本~ハワイ便ではなく、ホノルル~マウイ便でした。

 ハワイには新しくサウスウエスト航空という会社が参入するみたいで、これに対抗するプランのようです。ちなみに提示されているチケット代は、ホノルル~マウイ間の往復が98ドル。

 確かに安いかもしれません。マウイ島は、まだ子供が小さかったころキヘイの街に1週間ほど滞在したことがあります。2ベッドルームの広いコンドミニアムに宿泊し、島内をレンタカーで走り回りました。

 当時5歳ぐらいだった息子も今は20歳を超えてすでに働いていますから、まあ月日が経つのは早いです。ちなみにその頃のマウイ島の私の印象は、オアフ島と違って、セレブの島だなという印象です。

 どこがどうという明確な違いは判らないのですが、レストランを利用するたびに感じました。またさりげなく、アジア系と欧米系の人の座席を分けるということもあったようで、それは客側に配慮した座席だったのかもしれませんが、区別されているなという印象はありました。

 というわけで、なんとなくマウイ島には疎遠なものを感じ、以後一度も行っていません。ついでながら何回か書いていますが、「素朴でいいな」と感じたのはカウアイ島です。

 人々の温かさを感じました。これもあくまで個人的な感覚です。ハワイ島はオアフ島とあまり変わらない印象ですが、やはり火山の影響なのかダイナミックな自然を感じる島ですね。

 ただ滞在したのはヒロですから、西側のコナ方面に滞在したら印象は変わっていたかもしれません。というわけで、もし離島に行くならどこへ?と問われれば、私はたぶんカウアイ島と答えると思います。

 実際カウアイ島のレストランでは、欧米系シニアがのんびり食事をする姿を見ることが多かったような気がします。

トラベルビジョンより

 もうすでに過去の話となってしまった「てるみくらぶ」の破綻。その4回目の債権者集会が一昨日開催されたそうで、配当予定率が1.9%になったそうです。

 つまりツアー代金が20万だった人への返金は2%の4000円ということだと思います。大半の人は泣き寝入り?ということになるのだと思いますが、格安ツアーを利用するときは、該当旅行代理店の財務状況のチェックは必須です。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール