HOME   »  ★★★資金計画★★★
Category | ★★★資金計画★★★

第2945回 60代は家計と体調のかねあいが難しい年代

  昨晩は北風が吹き荒れていましたが、朝起きたら快晴で風も少し落ち着き良い感じ。「気温が高ければハワイの朝と変わらないのになあ」と思いながら楽天で買った「アールグレイ」の紅茶で朝食。

 洗濯を終えて、「新しい1週間の始まりだあ~」と自分自身に気合を入れています。と言うのも今週は忙しい。本来なら1日何もすることがない暇な年金暮らしのはずですが、今日明日、そして金曜と土曜は自ら好んで契約したシルバー人材センターの仕事が入っています。

 さらに間の水木は、昨年受診した定期健診で「心雑音がある」と指摘された関係で精密検査。そして日曜は母親が入院先の病院から無事退院するかもということでその手伝い。

 自分自身の検査が終わり、母親が自宅での生活に復帰できれば、来週以降はこれまで通りののんびりした生活に戻ることが出来そうなので、今週がちょっとした山場だなと思っています。

 さらに検査結果に異状がなく、母親が普段通りの生活を実家で始めることが出来れば、思い切って「5月あたりにハワイに行っちゃおうか」なんてことも考えるようになっています。
 
 ハワイ旅行は高い!という印象があって「行きにくい」と言うのが最近の印象ですが、自分が旅行に行こうという気力があるうち、さらに行っても下流老人に転落しないだけの貯金があるうちと考えると、健康寿命である72歳を目標にして、それまであと7回?行けると考えるようになっています。

 ただし健康寿命ではなく健康余命というような考え方をすると、この年齢はもう少し伸びるような気もします。

 だとすればハワイ好きとして、あと10回は行きたいと思え、もしそれを一人旅で実行するなら、1回の旅費を50万として、必要経費は500万。結構厳しい数値です。

 まあ上記旅費は、飛行機はビジネスクラスで25万、宿泊はコンドミニアムで1泊2万、旅行期間は1週間で14万。現地での生活費やお土産費用を含めて約10万と大雑把に考えた結果ですから、もう少し安くなる可能性もあります。

 しかし逆に残る人生、下流老人に転落しないためと生活費を切り詰め、旅行にも行かず、ただひたすら節約生活というのでは、30数年間も一生懸命働いた後の老後としては悲しいなという感じもします。

 また退職後にこんなお金の計算ばかりしているのもなんとも悲しい。思い切ってパア~っと使っちゃえ、なんて自暴自棄になりそうなときもたまにあるのですが、こういった気持ちのコントロールは結構難しい。

 とはいえ、様々な部分で我慢に我慢を重ねて、結局ある時入院。行きたいのに行けないと言うことになってしまうと、後悔は大きいだろうなとも思え、そういった家計や体調の変化の境目が60代なんだなと思うようになっています。

 というわけで結局いつもの結論。「行けるときに行こう」ということになります。



 

第2915回 ハワイに行くためにも5年後、10年後を見据えた生活設計が必要

  寒い朝でした。青空はハワイのようにきれいですが、気温が低いので朝起きるのが辛かったです。ワイキキなら、早朝の気温でも20数℃。

 起きた瞬間に窓からは青空が見え、外からはザ・バスがドアを開閉するプシューという音が聞こえたりして、「今日も良い天気だ。楽しむぞ」とか思いながら起き上がります。

 いつも何を楽しむかは起きてから考えるのですが、何回も書いているように起きてグアバを1杯飲んで、身支度を整えたらクヒオビーチの堤防までウォーキング。

 帰り際に必要に応じてABCで安いコーヒーを購入。それを飲みながら、部屋のラナイで前日に買ったパンで朝食。傍らにはノートパソコンを置いて最新情報をチェック。

 時折ワイキキ沖合を飛行する旅客機の姿を見て、「今日もいっぱい観光客が離発着しているんだな」と思いつつ、その日の行動予定を考えると言うのがいつものパターン。

 まことに優雅?でのんびりした時間を過ごすことになるわけですが、こう言った至高の時間を体験するために、やはりそれなりの資金が必要になるわけで、これが近年著しく増加傾向になっているのは頭の痛い問題です。

 現役時代はボーナスというものがありましたので、月々の給料から数万、ボーナスから数十万という予算で、1年1回の家族ハワイ旅行資金を準備していましたが、年金暮らしになるとボーナスがなくなるので、実に厳しい。

 結局現役時代に蓄えた資産を取り崩しながらハワイ旅行を計画すると言うことになり、そうなると予算的にも常に厳しさが付きまといます。

 とはいうものの、現在65歳の私が一人でハワイに行く旅費総額を1回40万以下(チケット代15万、宿泊費15万、滞在費10万ぐらい)に抑えることができれば、80歳まで通い続けたとしても支出総額は600万。

 まあその間節約生活をして年金を貯めこんだり、マイレージで旅行ということも駆使すれば実際の支出は500万ぐらいあればいいかなという気もします。

 老後の貯金はいくら必要?なんていう議論が常にネット上や週刊誌で記事になっていますが、こういった遊びのゆとり費用が1000万、さらに家具の買い替え、自宅のリフォーム費用で500万、そして自分自身の病気や老後の介護問題で500万と言うのが目安になるかなと思っています。

 もしこれで足りないと言うことになるなら、遊びのゆとり費用を削り、更に家具の買い替えを渋り、車を手放すと言うことも考えに入れれば、まあ何とか生きて行けるなという気がしています。

 ただしそうなると、毎日の生活に全く潤いがなくなり、単に生き抜くと言うことだけが目的になるので、それでは充実した老後にならないなという気もしています。

 これを解決するには、5年後10年後を見据えた生活設計が必要だと思っています。
 

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール