HOME   »  ★★★資金計画★★★
Category | ★★★資金計画★★★

第2915回 ハワイに行くためにも5年後、10年後を見据えた生活設計が必要

  寒い朝でした。青空はハワイのようにきれいですが、気温が低いので朝起きるのが辛かったです。ワイキキなら、早朝の気温でも20数℃。

 起きた瞬間に窓からは青空が見え、外からはザ・バスがドアを開閉するプシューという音が聞こえたりして、「今日も良い天気だ。楽しむぞ」とか思いながら起き上がります。

 いつも何を楽しむかは起きてから考えるのですが、何回も書いているように起きてグアバを1杯飲んで、身支度を整えたらクヒオビーチの堤防までウォーキング。

 帰り際に必要に応じてABCで安いコーヒーを購入。それを飲みながら、部屋のラナイで前日に買ったパンで朝食。傍らにはノートパソコンを置いて最新情報をチェック。

 時折ワイキキ沖合を飛行する旅客機の姿を見て、「今日もいっぱい観光客が離発着しているんだな」と思いつつ、その日の行動予定を考えると言うのがいつものパターン。

 まことに優雅?でのんびりした時間を過ごすことになるわけですが、こう言った至高の時間を体験するために、やはりそれなりの資金が必要になるわけで、これが近年著しく増加傾向になっているのは頭の痛い問題です。

 現役時代はボーナスというものがありましたので、月々の給料から数万、ボーナスから数十万という予算で、1年1回の家族ハワイ旅行資金を準備していましたが、年金暮らしになるとボーナスがなくなるので、実に厳しい。

 結局現役時代に蓄えた資産を取り崩しながらハワイ旅行を計画すると言うことになり、そうなると予算的にも常に厳しさが付きまといます。

 とはいうものの、現在65歳の私が一人でハワイに行く旅費総額を1回40万以下(チケット代15万、宿泊費15万、滞在費10万ぐらい)に抑えることができれば、80歳まで通い続けたとしても支出総額は600万。

 まあその間節約生活をして年金を貯めこんだり、マイレージで旅行ということも駆使すれば実際の支出は500万ぐらいあればいいかなという気もします。

 老後の貯金はいくら必要?なんていう議論が常にネット上や週刊誌で記事になっていますが、こういった遊びのゆとり費用が1000万、さらに家具の買い替え、自宅のリフォーム費用で500万、そして自分自身の病気や老後の介護問題で500万と言うのが目安になるかなと思っています。

 もしこれで足りないと言うことになるなら、遊びのゆとり費用を削り、更に家具の買い替えを渋り、車を手放すと言うことも考えに入れれば、まあ何とか生きて行けるなという気がしています。

 ただしそうなると、毎日の生活に全く潤いがなくなり、単に生き抜くと言うことだけが目的になるので、それでは充実した老後にならないなという気もしています。

 これを解決するには、5年後10年後を見据えた生活設計が必要だと思っています。
 

 

第2708回 ハワイ旅行費用の捻出方法

  昨日はいやいやながら家の周りの道路の雪かきをしました。その効果があって、今日は凍結もなく、車はスムースに走っているようです。しかしその代わり、腰に軽い痛みが生じました。

 まあほおっておけば治りそうだなと思える程度の痛みなので安心していますが、高齢になると日常生活のなかで、普段と違う動作を少し続けると途端に体に影響するようです。

 その意味では、癒しや健康回復を求めてハワイに行ったのに、強行軍的なスケジュールではかえって疲れて帰ってくるということにもなりかねないなと思っています。

 ハワイ旅行については、私は3回目の旅行あたりから個人手配に移行して、安い費用でなるべく長くということを意識した旅行をしてきました。

 これまでの旅行を振り返ると、最短の旅行は2回目の4泊6日ですが、この時の記憶はほとんどありません。あっという間に行って帰ってきたという記憶だけが残っています。

 それを経験してから回を重ねるたびに一日でも二日でも滞在を伸ばす努力をしてきました。最長の滞在日数は17泊だと記憶していますが、だいたい2週間を超えると、ハワイを楽しんだなという満足感に浸れます。

 しかしフルタイムで通常の仕事をしている方が、たとえ一時期であっても2週間以上ハワイに滞在をするというのはほとんど不可能ですね。

 私の場合は夏休み、特別休暇、有給休暇、代休といった休みをすべて夏休みに集めて、それをつなげて中期滞在を実現していました。しかしそれでも2週間は短い。できれば一か月という希望を常に持ち続けて今日に至っていますが、いまだに実現していません。

 ちなみに、このぐらいの期間なら「ハワイに滞在した」という感触に浸れるのは最低8泊ぐらいかなという感覚があります。8泊10日という日程だと、間で自由になる日数は7日半あります。

 前半の数日は時差ボケで体調はいまいちのはずで、よし俺はいまハワイにいるぞ、生活を楽しまないとと思えるのは滞在3日目ぐらいからですね。

 4泊6日だとそう思った翌日あたりは帰国準備になりますから、なんともあわただしい。とはいってもなかなかそんな思い通りにいかないのも事実です。

 昔は宿泊代も1部屋1.5万ぐらいでしたから、数日の延泊もそれほど旅行資金に影響しませんでしたが、これが1泊3万という金額になると、休みは取れても予算の都合がつかないということも考えられます。

 まあそれやこれやでハワイ旅行の予算を捻出するのは現役時代から毎年頭の痛い問題でしたが、私は家族旅行をする場合の予算計画として、ハワイのために現役時代は毎月3万程度を貯金。

 これで年間36万を確保。さらに2回のボーナスで各10万と考えて、旅行費用56万程度を確保。もちろんこれでは足りないこともありましたが、もし10日間程度ハワイに滞在するならその分日本で消費する家計費が減るので、これに5万円ぐらいの余力はあるなと思っていました。

 しかしこの計画は当時のハワイの物価が基準になっていて、今は円安、物価上昇、宿泊代高騰という現状がありますので、この予算計画では厳しいのかなという気もします。

 

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール