HOME   »  ★★★バンコク旅行★★★
Category | ★★★バンコク旅行★★★

第3162回 バンコク旅行の費用は安いのですが・・・

  7泊8日のバンコク旅行を楽しんで昨晩帰国しました。今回の旅行費用ですが、飛行機はマイレージを使った特典航空券だったので、諸費用が1.8万円ぐらい。

 宿泊費が平均1泊1万円ぐらいで7万円ぐらい。旅行中に使ったお金がたぶん4万円ぐらい。大半が飲食代。1食500~3000円ぐらい。旅行中の食事回数は、ホテルには朝食がついているので13回ぐらい。

 これに観光をするための交通費が1日300~1000円ぐらい。正味6日間ですから5000円ぐらい?あとはお土産代ですが、たぶん3000円ぐらい。主として菓子類です。

 というわけで、合計が14万円ぐらい。もしビジネスクラスのチケット代をきちんと購入したとすると、チャイナの場合、諸費用を除いた額は10万ぐらいだと思われるので、合計は24万円ぐらい。

 てなわけで、今回は総費用14万ぐらいで、プチ贅沢な旅行気分を存分に味わってきましたが、まあタイ旅行ならではの旅行費用ですね。

 同じような旅行をハワイで楽しもうとすると、特典航空券が獲得できれば総費用はかなり安くなりますが、実際に予約を試みようとすると、ともかく1年先まで予約が埋まっていることが多いです。

 せっかく日々の買い物でポイントをためてマイレージに移行したのに、結局活用できないままポイントが失効しそうになり、泣く泣く率の悪い金券に交換なんてこともかつてありました。

 しかも近年正規割引航空券という制度ができてから、いわゆる格安航空券という団体ツアーの余りのチケットがばら売りされるということもなくなり、本当に格安に感じるチケットは皆無です。

 とはいうものの、私も含めて「それでもハワイに行きたい」と思う人が、「高いなあ」と思いながらチケットを獲得するわけで、そういう人が多数いるため、チケット代も下がらないという事になりそう。

 その上、宿泊代がどんどん上がっていますから「泣きっ面に蜂」の状態。それでも「まいったなあ」と思いつつ、昨日帰国してすぐに、「次はいつ、どこに行こう」という期待が膨らんでいます。

 さてどうするか?まあこんな勢いでお金を消費していたら、年金生活はあっという間に破綻するかもしれず、そのあたりの予想もきちんとしておかないとまずい。

 ちなみに今回の旅行でも、ちょっとバンコク市街から足を伸ばして、一番近い海辺まで行ってきました。カモメが群生していて、餌付けができるという噂があったからですが、行ってみたら確かに多数のカモメが乱舞。

 その姿は壮観でしたが、海は潮風の香りがするものの、水はまっ茶色に濁っていてがっくり。ここでも「やっぱりクヒオビーチの堤防から見る透き通った海は素晴らしいな」と、改めて感じました。


 

第3161回 バンコク滞在4日目です

  3日の早朝4時半に自宅を出発し成田空港に行き、そこからチャイナエアラインでバンコク入りしました。チケットはマイレージを利用したビジネスクラスですが、普通に買ってもバンコク便の場合は12万前後です。

 ハワイに行くためには、日系のJALやANAだと、この料金でエコノミークラスのチケットが買えるかどうか。その意味では何とかチャイナがハワイ便を復活させてくれないかなと思っているのですが、チャーター便は飛ばすものの定期便はなさそうです。

 バンコク入りして午前中は観光。昼を食べて午後は昼寝、夜は食べ歩きという生活を繰り返しています。一昨日はバンコクに初めて来た頃を振り返って、あらためてワットポーという観光名所とワットアルンという観光名所を訪問。

 どちらもタイ旅行では絶対に外せない観光スポットで、過去にも数回訪問しています。ただ昨年あたりからタイという国の成り立ちに関心を持って、世界史なんかを改めて勉強?し、バンコクの寺院の成り立ちみたいなものを把握。

 そういった観点から、改めてこれらの観光スポットをくまなく見て回りたいという欲求が芽生えました。折しもちょうど今の時期に国立博物館で、秦の始皇帝展という特別展示が行われているので、昨日見に行ってきました。

 ハワイとは関係ない話題ですが、よくもまあ作ったもんだなという印象です。ハワイでもビショップ博物館には過去5回以上行っていると思いますが、行くたびに新しい発見があります。

 ただハワイの場合は太平洋の真ん中の孤島という位置づけなので、その成り立ちの歴史というものには、壮大な変遷というものが感じられません。
 
 タイの場合は、周辺諸国と地続きで、周囲の国からの侵略が繰り返されているので、ある意味その歴史もドラマチックに感じられます。
 
 というわけで、もともとは理系の人間で世界史なんかほとんど関心がなかった私ですが、ハワイやタイに行くようになって、国々の成り立ちみたいなものにも改めて関心を持つようになりました。

 一方、ハワイと違って、タイで食べる料理は、やはりアジア系の私の料理の嗜好に合っているようで、とんでもない激辛料理を除くと何でもおいしく食べられます。

 また量もハワイのレストランに比べるとかなり少ないというか私の胃袋の許容量にちょうど合う感じです。従って食べ過ぎて腹がパンパンというようなこともなく、胃腸の具合も快調。

 ただハワイ同様、暖かいので食物の腐敗は早いはず。時折有名レストランのサラダにも「ちょっとこれは?」と感じるときもあり、ある意味五感が研ぎ澄まされますね。

 てなわけで、今日はこの後二つ目のホテルに移動します。今のホテルは1泊が7000円ぐらい。次が1万数千円。ワイキキのバニヤン同様、バンコクで最も気に入っているホテルです。

 部屋の広さはパシフィックモナークのステューディオルームぐらい。ハワイなら1泊2.5~3万ぐらい?価格の差を実感するので、やっぱりハワイはきついなあと感じてしまいます。


 

第3089回 チェンマイ滞在を楽しんでいました

  16日に暑い日本を脱出してバンコク旅行に出発。今回は鼠径部ヘルニアの手術後の快気祝いを兼ねて、ハワイ滞在同様の8泊9日というちょっと長い日程の旅行で、今日が6日目。

 初日にバンコクで1泊して、その後北部のチェンマイに移動。チェンマイはご存じの方もいると思いますが、退職後の年金暮らしで移り住む方も多いようです。

 もうすでに20回以上バンコク旅行を楽しんでいますが、チェンマイに滞在したのは今回が初めて。というか、タイという国では、バンコク市街以外はこれまでパタヤしか経験がありません。

 16日にバンコクで1泊して、翌日タイ国際航空でチェンマイへ。飛行時間は1時間10分で、ハワイだと離島に飛ぶ時間と同じで、離陸してしばらくしたら軽食サービス。

 食べ終わって暫くしたら降下開始。早い話があっという間の飛行です。チケット代が往復1万数千円でかなり安い。チェンマイ空港は、ハワイ離島の空港とほぼ同じ大きさで、なんか似ているなという印象を持ちました。
 
 ちなみにチェンマイという町は、タイという国が成り立った歴史の中で重要な位置をしめているようで、市街に多数の寺院があります。

 というか初めてここに来るにあたって、観光情報をいろいろ調べて、日本の京都、奈良のような街だと思っていましたが、それにしても市街の寺院の数が半端じゃない。

 100mも歩けば次の寺院があるという雰囲気。京都の街を1辺数kmの市街に凝縮した感じです。というわけで、主として寺院観光を楽しみました。
 
 ただ日本の仏教とはちょっと流派?が異なるようで、どの寺院でも素晴らしい仏教芸術と思われる建物が多数。そこに常に数名の熱心な信者さんがいて、ご本尊前で拝んでいます。

 そういった姿を見ると、「あ~日本の仏教とは、信心深さが違うんだな」というカルチャーショックを受けます。てなわけで、次から次へと現れる寺院を片っ端から見学。

 しかし10ぐらいの寺院を見てしまうと、正直なところ最初に見た寺院の印象は薄れてしまい、だんだん何が何だか分からない状態になります。

 とはいえ、今回はそういったことをすべてひっくるめて体験しようと思っていたので、充実した旅行になっています。結局チェンマイで4泊5日を過ごしましたが、バンコクよりもさらに人のあたりが柔らかい感じ。

 日本の場合は「おもてなし」という語句で、ある程度マニュアル化された従業員さんの対応が見られますが、チェンマイの場合は、ともかくアットホームで自然な対応がにじみ出てくる感じで、日本のおもてなしよりは気持ちがいいです。

 つまり人間同士の自然なコミュニケーションが成立するということで、これがチェンマイで年金暮らしを希望する人が多くなる理由の一つかなと感じました。
 
 というわけで、今日は再びバンコクに戻り、いつものホテルに落ち着いたところです。この後バンコクで3泊して、土曜日に帰国の予定です。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール