HOME   »  ★★★バンコク旅行★★★
Category | ★★★バンコク旅行★★★

第3089回 チェンマイ滞在を楽しんでいました

  16日に暑い日本を脱出してバンコク旅行に出発。今回は鼠径部ヘルニアの手術後の快気祝いを兼ねて、ハワイ滞在同様の8泊9日というちょっと長い日程の旅行で、今日が6日目。

 初日にバンコクで1泊して、その後北部のチェンマイに移動。チェンマイはご存じの方もいると思いますが、退職後の年金暮らしで移り住む方も多いようです。

 もうすでに20回以上バンコク旅行を楽しんでいますが、チェンマイに滞在したのは今回が初めて。というか、タイという国では、バンコク市街以外はこれまでパタヤしか経験がありません。

 16日にバンコクで1泊して、翌日タイ国際航空でチェンマイへ。飛行時間は1時間10分で、ハワイだと離島に飛ぶ時間と同じで、離陸してしばらくしたら軽食サービス。

 食べ終わって暫くしたら降下開始。早い話があっという間の飛行です。チケット代が往復1万数千円でかなり安い。チェンマイ空港は、ハワイ離島の空港とほぼ同じ大きさで、なんか似ているなという印象を持ちました。
 
 ちなみにチェンマイという町は、タイという国が成り立った歴史の中で重要な位置をしめているようで、市街に多数の寺院があります。

 というか初めてここに来るにあたって、観光情報をいろいろ調べて、日本の京都、奈良のような街だと思っていましたが、それにしても市街の寺院の数が半端じゃない。

 100mも歩けば次の寺院があるという雰囲気。京都の街を1辺数kmの市街に凝縮した感じです。というわけで、主として寺院観光を楽しみました。
 
 ただ日本の仏教とはちょっと流派?が異なるようで、どの寺院でも素晴らしい仏教芸術と思われる建物が多数。そこに常に数名の熱心な信者さんがいて、ご本尊前で拝んでいます。

 そういった姿を見ると、「あ~日本の仏教とは、信心深さが違うんだな」というカルチャーショックを受けます。てなわけで、次から次へと現れる寺院を片っ端から見学。

 しかし10ぐらいの寺院を見てしまうと、正直なところ最初に見た寺院の印象は薄れてしまい、だんだん何が何だか分からない状態になります。

 とはいえ、今回はそういったことをすべてひっくるめて体験しようと思っていたので、充実した旅行になっています。結局チェンマイで4泊5日を過ごしましたが、バンコクよりもさらに人のあたりが柔らかい感じ。

 日本の場合は「おもてなし」という語句で、ある程度マニュアル化された従業員さんの対応が見られますが、チェンマイの場合は、ともかくアットホームで自然な対応がにじみ出てくる感じで、日本のおもてなしよりは気持ちがいいです。

 つまり人間同士の自然なコミュニケーションが成立するということで、これがチェンマイで年金暮らしを希望する人が多くなる理由の一つかなと感じました。
 
 というわけで、今日は再びバンコクに戻り、いつものホテルに落ち着いたところです。この後バンコクで3泊して、土曜日に帰国の予定です。


 

第2985回 明日からタイ旅行です

  ちょっと冷え込みましたがおだやかな良い天気です。ハワイとは関係ありませんが、明日から5泊6日でバンコク、パタヤ旅行に出発です。

 今回は買い物でため込んだマイレージを使ってANAのビジネスクラスの特典航空券を予約しているので搭乗が楽しみ。出発は久しぶりに羽田空港から。

 羽田だと埼玉から車だと都心を横切ることになるので面倒。しかし、列車だと乗り換えがこれまた面倒。というわけで最寄駅からリムジンバスを予約してあります。

スターアドバタイザーの記事より

 オアフ島の西岸が荒れ模様となっているようで、カエナポイント方面のビーチがクローズとなっています。まあアウラニやコオリナ方面まで足を延ばす人は多いと思いますが、その先は観光客はあまり行きませんね。

 かつてレンタカーで数回オアフ島西海岸を目指したことがありますが、ナナクリあたりまで来ると、ちょっと住んでいる方たちの雰囲気も変化し、よそ者?への強い視線を感じました。

 ただその先、なんとヨコハマベイと名付けられた海岸があるのですが、ここの水は確かにきれいでした。若い人なら、そこから先の車では立ち入り禁止の区域を歩いてカエナポイントと呼ばれる場所まで行くことも可能。

 ただ距離的には5kmぐらいあるので、健脚向き。片道1.5時間ぐらい?野生のモンクシールにも高確率で出会えるそうで、もしかするとココヘッドクレーターの階段よりも平坦な分、楽なのかも。

 しかし往復3時間と考えると、まあシニアにはほぼ到達は不可能?オアフ島の秘境ですね。

 ちなみに上記ココヘッドクレーターの階段ですが、もともとはトロッコ列車の線路の枕木です。それが階段代わりに使われているわけですが、長い年月の間にあちこちが破損。

 枕木の下にぽっかり空洞が空いている場所が何カ所かあり、非常に危険ということで当局が修復を決断したそうです。というわけで修復前にスリルと絶景を楽しみたい人にはお勧めです。

 ただ私は2008年に一度行って、階段途中で心臓麻痺を起こすのではという不安を覚えましたので、ここも若いうちに行ったほうがいいですね。ちなみに実際に途中で動けなくなってヘリコプターで病院に搬送という事故も起きています。

 この時のココヘッドトレイル体験記はメインページにまとめていますので、チャレンジしたい方はどうぞ。しかしすでに10年たっていたんですね。驚きです。

 頂上からの景色は以下の通り。いつもより少し大きめの画像にしました。頂上からワイキキ、ハナウマ湾方面の景色です。

ここヘッド頂上から見たハナウマ湾、ワイキキ方面




 

第2911回 ハワイとバンコクの魅力

  昨日からバンコクに来ています。バンコク旅行でありがたいのは時差が2時間しかないので、行きは午前便を利用すると、夕方バンコクに到着することです。

 つまり昼間移動できるということで、ハワイに比べると夜行便でないぶん体力的に助かるなと思っています。また飛んでいる時間は、ホノルル便より1時間ほど少ないので、これも助かります。

 さらにチケット代もハワイの3分の2程度に感じられるますし、宿泊代もハワイの半分程度です。ハワイだと、バケーションレンタルの安い部屋でも私の好みの場所だと1泊が2万円近いです。

 バンコクの場合は、1泊が1万円前後で収まることが多く、それでいて部屋の広さは30~50m2あります。今宿泊しているホテルは昨年建てられたばかりのホテルで、広さは50m2程度。

 私の好きなワイキキ・バニヤンぐらいの1ベッドルームと同じくらいの広さですが、宿泊価格は8000円前後。バンコクはコストパフォーマンスに優れているなといつも感じます。

 また今回は久しぶりにJALのエコノミーを選択。JALの宣伝通り足元は少しだけ広くなり、前席の下部も空いているので足を延ばすことも可能。なるほど広くなったんだなとは感じました。

 ただしこれでホノルルまで夜行便で行くことを考えるとやはりつらく感じます。というわけで、旅行をするということだけを考えると、バンコクはコスト的に非常に魅力的な場所ですが、じゃあここにきて何をするの?と言われたとき、どう答えるか?
 
 バンコクにはまり始めたときは、夜の飲み歩きが面白くてしょうがなかったです。昼間は観光や買い物、マッサージで夜は飲み歩きというパターンばっかり。

 しかしクモ膜下出血という病気を経験して、血液の浄化が必要だと思い、思い切って断酒。夜の楽しみが半減しましたが、まあ文句は言えません。

 一方最初は飲み歩きばっかりでしたが、観光の途中で現地の人の仏教に対する真摯な姿勢を見て、お寺巡りを面白く感じるようになりました。

 というわけで、当初はハワイは自然、バンコクは人との交流みたいなものを目的に旅行をしていたのですが、今はお寺に行って、立派な仏像の、なんとも形容のしようのない表情を見ながら、しばし瞑目という行為に面白みを感じています。

 とはいうものの、やはりハワイアンコーヒーを楽しみつつ、ワイキキで海を見ながら、様々なことに思いを馳せるというのも実に魅力的に感じます。

 別にバンコクとハワイを比較する必要はないわけですが、両者は常に人気旅行先を二分しているみたいですから、ともに魅力を感じている人が多いということだと思っています。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール