HOME   »  ★★★観光地★★★
Category | ★★★観光地★★★

第2653回 カハナ・バベイ・ビーチパークが紹介されています

 allhawaiiより

 ハワイアンソングで良く取り上げられる場所は、ほとんどがハワイの景勝地と言ってもよいと思います。私もハワイ島のアカカフォールズを見てきましたが、「なるほど確かにここはハワイらしい景色だな」と感じました。

 そんな歌詞の中で紹介されているのがオアフ島北東部のアフプアア・オ・カハナ州立公園の景色だそうで、掲載されている写真を見ると確かに美しいですね。

 湾曲したビーチ沿いに砂浜があり、その砂浜の後ろには樹木が生えているというおなじみのハワイの景色ですが、それ以外の人工的な事物がほとんど見当たらないというのがポイントでしょうか。

 リンク先のページにはユーチューブの画像もあって、試しにクリックして聞いてみたらノスタルジックなハワイアンソングが流れ、この音楽を聴きながら同時に掲載されている写真を眺めていたら癒し効果満点です。

 この絶景の場所ですがワイキキから東海岸周りでノースに向かい、クアロア牧場を過ぎて海沿いの道を駆け抜けると牧場から5~6kmで断崖の上に「クラウチングライオン」と呼ばれる岩が見えてきます。

 ちなみに今グーグルマップでこの付近を見ているのですが、このクラウチングライオンは登れるみたいですね。ただし道は険しく泥だらけになるというコメントが多いようです。

 高さ自体は100mもないような気もしますので、元気な人なら登れそうです。もっと若いときにこの情報を知っていれば上ったかもしれません。

 実際グーグルマップからのリンクで、このクラウチングライオンあたりからの景色の写真も多数公開されています。さすがに絶景だなと思えます。

 そしてこのクラウチングライオンの下を通り抜けると道は大きく左に曲がり1kmほどで右に美しいビーチが見えてきます。しかしそれこそまさに人もいないビーチなので、レンタカーで走っていると「うわ~きれいなビーチだ」なんて思っているうちに通り過ぎてしまいます。

 というかその先のライエにある特徴的な岩場(私はまだ行ったことがありません。写真で知っているだけです)やポリネシア・カルチャーセンターのほうが気になる人も多いと思います。

 なおビーチの周辺に小さな駐車場が数か所あります。ただし気持ちよく走っていると見逃してしまいそうです。ここまで調べてようやく私も思い出しましたが、この一番北西側の駐車場に車を停めてビーチを眺めたことを思い出しました。


 

 

第2642回 インスタ映えする写真の撮影スポット

 FLY TEAMより

 HISの新宿三丁目営業所で「ハワイ島」キャンペーンを11/5まで実施しているそうですが、私が「これは参考になりそうだ」と思ったのが、JALが導入している最新エコノミークラスのスカイワイダーというシートを体験できること。

 狭いのが当たり前という航空機のエコノミーの座席ですが、近年様々な工夫が凝らされ、徐々に広く成っているようです。しかし80cmだとか86cmだと書かれていても、実際にはその広さは体験できません。

 高いお金を出してチケットを購入し、やれやれこれで広く成った座席でのんびりできるぞと思って乗り込んだら、予想外に狭っ苦しく、行きの便ではほとんど寝られなかった、なんていうことも起こりえます。

 HISでは実際にこの座席に座ってみることができるみたいですから、乗り心地が確認できます。旅行前に座席の狭さを知りたい人は行ってみるとよいのではないでしょうか。

 最近「フォトジェニック」とか「インスタ映えする」という語句がネットで飛び交っています。年金世代の私にとっては「一体何のことだ?」と気になるのですが、要は写真写りが良い場所や景色ということのようです。(間違っていたらすいません)

 しかしわざわざそんなややこしいカタカナを使わなくても、20数年前からハワイの景色は空気の透明度もよく、本当にきれいな写真が撮影できるなと思っています。

 というわけで、ORICON NEWSというサイトで、ハワイの写真写りの良い場所が紹介されていました。まあ確かに良い場所だなと感じますが、みんなが同じ景色を撮影したのでは興ざめだなとも思います。

 紹介されていたのは「サーフボードが並ぶ路地」:ロイヤルハワイアンセンターとアウトリガーワイキキの間のビーチに出る小道。確かにサーフボードが立ち並ぶ様子は、その色合いがカラフルなのでハワイらしい風景と言えそうです。

 二つ目がロイヤルハワイアンホテル。いわゆるピンクパレスですが、ここは相手の建物がでかいので、なかなかうまいアングルや色合いを出すのが難しいです。

 その意味では、サーフライダーの入り口横のロッキングチェアやハレクラニの緑の中庭やロビーも雰囲気はいいです。ハイアットリージェンシーの人工の滝周辺も、撮影角度や被写体を工夫するとよい写真が撮れそう。

 三つ目がダイヤモンドヘッド。これは定番ですが、確かに頂上から見たワイキキの景色は実に素晴らしいので、行くたびに撮影したくなります。個人的には海側に見える灯台を見下ろすような写真もいいなと思っています。

 そしてモアナルアガーデンだそうですが、木が大きくて形が単調なので、格好よく撮るのが難しいですね。木だけでなく、幹の周囲に人を配置してポーズをとったほうが良いのかもしれません。

 さらにワイキキビーチ。これは誰もが撮影すると思いますが、夕暮れ時カラカウア通りあたりから撮影すると、人が黒いシルエットになるので、意外に面白い写真が撮影できます。

 最後が宿泊した場所のラナイから見た風景。手前に食べ物や飲み物を入れてビーチの風景を撮影すれば、自分だけの写真が撮影できます。

 ちなみに撮影は大きく引き伸ばすのでない限り、画素数は1000万画素もあれば十分。ただズーム機能はあったほうが便利ですね。個人的には30倍以上あったほうが良いと思うので、その点でスマホではちょっと不満です。



 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール