HOME   »  ★★★アクティビティ★★★
Category | ★★★アクティビティ★★★

第2771回 ハワイで魚を見るなら

  土日は天気がいまいちだったので、家の周辺でおとなしくしていました。しかし内心では「海が見たいな」という気持ちが強くなっていて、今日は朝起きてカーテンを開けたら青空が広がっていたので、朝食後思い切って真鶴半島までドライブしてきました。

 埼玉の我が家からは片道2時間程度。圏央道が出来る前は片道3時間かけて一般道をドライブして良く釣りに行っていました。真鶴半島は伊豆半島の根元にある、半島というより岬に近いように思えます。

 この半島の先端には「三石」と呼ばれる景色の良い場所があり、私は好んでよく出かけます。周辺の磯で釣りをしたこともあります。1時間ほど海を見て過ごし、帰りがけに小田原の「鈴廣」本店でお土産を購入。今日の夕食のおかずとなりました。

 しかしやはり海は良いですね。波が打ち寄せている様子を見ていると気持ちが和みます。だからこそ美しい海を見たいと思うわけですが、その意味でハワイはやはり最高。

 私の場合は、毎回ハワイに行くたびに毎朝クヒオビーチの堤防に行き、そこから海の中を覗き込むのが日課です。最近はこの堤防周辺でも以前はあまり見られなかった、ハワイの州魚「フムフムヌクヌクアプアア」というカワハギの一種の姿を見ることができるようになりました。

 茶色の縞模様の、愛嬌のある顔をした魚ですが、クレージーシャツのTシャツのデザインにも採用されています。他にもじっと眺めているといろいろな魚の姿を見ることができます。

 中でも印象的だったのが「ハリセンボン」。危険を感じて膨らむと体中から針がはえたような格好になる魚ですが、かつて体長50cm以上のハリセンボンが悠々と泳いでいる姿を目撃しました。

 またこの堤防からさらにカピオラニ公園の方へ数百m歩くと、一回り小さな堤防があって、この堤防周りでも多数の魚を見ることができます。

 それらの魚を見るためにシュノーケルで堤防周りを泳いでいる人も見かけます。特にちょっとパンくずを蒔くとものすごい数の体長10~30cmぐらいの魚が湧き出てきます。

 また時には、堤防から数m離れたところに、大型の体長60cmぐらいの青っぽい魚が寄ってくることがあり、これは見ごたえがあります。

 なおこの堤防の付け根付近は岩場になっていて、この岩場の中を「ウツボ」君が泳いでいる姿を見かけたこともあるので、素足で迂闊に歩き回らない方が良いかもしれません。

 いずれにしてもハワイはこういった魚クンたちがあちこちにいて、目を楽しませてくれます。代表的のはハナウマ湾ですが、ワイキキの近くでは、アロハタワーの近くの岸壁もいいですね。

 ここには以前餌やり機もあって、その餌を蒔くと体長10~50cmのカラフルな魚たちが現れました。今は餌やり機が撤去されてしまったので魚の数は激減。それでも海面が穏やかで透明度も高いので、結構いろいろな魚を見ることができます。

 レンタカーで移動できる場合は、ハレイワからノースに向かう途中にある「ププケアビーチ」が最高です。ハナウマ湾は魚も多いのですが、風が吹いたり濁りが入ると魚はあまり見えません。

 ププケアの場合は、水深が50cmぐらいのところにも多数の魚がいるので、シュノーケルをしなくても、魚の姿を見ることができ、なおかつ波も岩場に遮られてあまりありません。(深場もありそちらはダイビングの練習スポットになっています)


 

第2750回 幼児連れ向きの「チルドレン・ディスカバリーセンター」を紹介

 ORICON NEWSより

 ワードというかカカアコにある「チルドレン・ディスカバリーセンター」の紹介記事がありました。ゴールデンウイークに小学生低学年の子連れでハワイに行ったとき、海以外に遊べる手軽な場所です。

 場所はバスで行くとワードをちょっと過ぎたバス停で下車。海の方に300mほど歩くと、建物が見えてきます。周囲にそれっぽい建物がないのですぐに分かるはずです。

 途中以前はホームレスの人たちのテントがあり、うつろな目をした人たちがいましたが、州当局は随時これらのテントを撤去させているようです。

 レンタカーならすぐ近くに大きな駐車場がありますので、そこに駐車すれば距離的には50mぐらいだと思います。入館料は大人も子供も12ドル。

 内部の様子は、最近私は行っていないので記事の内容に委ねますが、基本的に3歳ぐらいから8歳ぐらいまでの子供が対象になるような展示が多いです。

 我が家の息子も幼稚園前後で何回も訪問。その都度楽しめるものを見つけていましたが、小学校4年生ぐらいから行きたいとは言わなくなりました。

 ちなみに欠点が一つ。館内に軽食の店はありますが、いわゆるプレートランチやレストランはありませんので、お昼を食べてから行くのがベストだと思います。

 また弁当を持参して、午前中に館内を楽しんで、お昼はすぐ近くの海沿いの公園「カカアコ・ウォーター・フロントパーク」で食べるというのも一つの案。

 公園内にはベンチやテーブルのある場所もあります。またこの公園のワイキキ側の端から見るワイキキやダイヤモンドヘッドの景色が絶景。私の大好きな景色です。

 すぐ近くには結婚式場に併設された「53バイザシー」というちょっと高級なレストランもあります。結婚式以外でも自由に利用できるとは聞いていますが、入り口に近づくと結構格式の高さを感じるので、私はまだ足を踏み入れたことがありません。

 なお、このカカアコ・ウォーター・フロントパークには、愛媛丸の碑もあり、付近には多数の野鳥が遊んでいますから、自然派の子供さんは、この芝生だけでも十分楽しめると思います。

 ちなみに8歳以上の子連れの場合は、ビショップ博物館がおすすめです。ちょっと勉強的な要素が大きくなりますが、火山の原理とかの展示は楽しめます。またプラネタリウムも私は好きです。
  

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール