HOME   »  ★★★アクティビティ★★★
Category | ★★★アクティビティ★★★

第2863回 ココクレーター登山に挑戦しよう

  朝から雨でいまいち元気が出ません。気温も急低下で、夏以降初めて長袖シャツを着ています。早く抜けるような秋空を見たいです。

スターアドバタイザーの記事より

 ハワイカイとハナウマ湾の間にココクレーターという山があります。この山には、頂上に物資を運ぶための枕木とレールが作られているのですが、現在は使用されていません。

 たぶん戦時中の建設だと思われますが、現在はその枕木が階段状になっていることを利用して、多数のハイカーがクレーター頂上を目指すルートになっています。

 場所はココマリーナの東になり、ココヘッドパークロードという公園内の道を進みます。レンタカーがないと行きにくい場所です。パークロードの終点近くに駐車場田が点在していますので、トイレのある駐車場で先ず休憩です。



 さらにその先に進むと左側にグラウンドが見えてくるので、その奥に向かうと右側にトレイル入り口があります。すでにそこに近づく途中から一直線に登っていく枕木の階段が見えていますが、下から見ると壮観です。

 下から見上げて、「ここを上るのかあ」と足腰の弱い人は愕然とすると思います。実際上り始めると、途中の枕木の下の部分の土がなくなって、枕木が宙に浮いている部分もあり、かなり怖い思いもします。

 というわけで、今日の記事では、こういった枕木階段の破損部分を修復するための資金が集まりつつあるというものでした。

 さてそういった危険個所を迂回したり、下を見ないようにして歩き続けると、途中から階段の角度が徐々に急勾配になり、1歩1歩が辛くなってきます。

 それでも、疲れてきて後ろを振り返るとハナウマ湾やハワイカイの街の絶景を眺めることができ、しばし疲れを忘れます。ただし階段の途中で手すりもないので、高い場所から下界を見下ろしていると、時にフラ~っとすることもあるので注意が必要です。

 私の場合は息子と一緒に上りましたが、息子は難なく登頂。私の方は途中で「もうこれ以上は無理だ」と何回もめげそうになりました。

 当然ながら下から新たに上ってくる人もいて、私の疲労困憊している姿を見て「大丈夫?頑張って」と声をかけてくれる人も結構いました。

 結局最後の方は、「あと10段上ろう」とか、「あそこまで登ったら休憩だ」と自分自身を叱咤激励して何とか上り切りました。頂上では先に上った息子が待ちくたびれていました。

 また途中で私を追い抜いた陽気なおじさんもいて、「おめでとう」なんて声をかけてくれ、ちょっと嬉しかったです。ちなみに頂上からの景色は360度見渡せ、実に素晴らしいものでした。

 ただ同時に、「2回目はないな」という確信も持ちました。枕木階段が修復されて上りやすくなったとしても、50歳を越えてからの挑戦はかなりきついです。絶景を楽しむなら40代までだなという気がします。

 挑戦するなら、靴はしっかりしたもの、トイレを済ませ、飲み物を確保。さらに途中木陰はほとんどないので帽子等は必須。上りはとんでもなく疲れます。一方帰りは比較的楽でしたが、ひたすら階段を降りる形になるので、膝への負担が大きいです。

 駐車場に戻ってくる頃にはちょっと膝の痛みを感じ、足の筋肉そのものも疲れ切って、レンタカーの運転にちょっと支障がありました。でもよい思い出になっています。


 

第2860回 ワイキキビーチ沿いを歩いてみよう

  穏やかな朝です。本来なら今日がハワイからの帰国日で、今頃は成田便に乗っていたなと思うとちょっと悔しいです。でもまあしょうがない。次回の旅行に期待です。

日刊ローカルニュースより

 火山活動が沈静化しているハワイ島のキラウェア火山ですが、9/22から国立公園の一部が再オープンだそうです。オープンするのはビジターセンターと展望台及び一部のトレイルだそうですが、まあ今の時期の様子を一度は目にしたいなと感じます。

ガジェット通信より

 「ワイキキビーチは7つに分かれている」という記事が出ています。一読しましたが、ちょっと私の感覚とは異なる部分もありました。

 先ず一番西側の「デューク・カハナモクビーチ」。ヒルトンハワイアンビレッジ前のビーチですね。桟橋の左側になります。桟橋に遮られてい、ちょっと入り江状になっているので、波も穏やかでファミリーには人気です。

 私も息子が小さいときここで遊びましたが、穏やかな波ではあるものの波内際に砂利や貝の破片が多く、ちょっと足の裏が痛い思いをしました。幼児連れの場合は、子供がこの部分だけ嫌がるかもしれません。

 ヒルトンのラグーンは、整備されて昔より水質が良くなったような気もしますが、基本的に循環がほとんどないように思われる池みたいなものですから、余り水質は良くないです。

 そこからワイキキ側に歩いて行く右側のビーチが「フォート・デ・ルッシー・ビーチ」。米軍保有のビーチだそうですが、観光客の利用も問題なさそう。ただここで泳いでいる人はほとんどいません。
 
 金曜日の花火の打ち上げ時にはビーチ沿いは大混雑。それ以外はビーチ沿いの遊歩道を人が行き交うだけです。ただボート等を楽しむことも出来ます。

 その次がハレクラニ前の、パワースポットとして有名な「グレイズ・ビーチ」。しかしここは砂浜が少ない。ビーチ沿いに遊歩道が整備されていますが、すぐ足元まで波が来ます。 

 私はハレクラニのライブ演奏を聴きながら、この遊歩道沿いをぶらりぶらりと歩くのが好きです。またこの近辺の小さな堤防から見るサンセットも美しいと感じます。

 そして次がロイヤルハワイアン前の「カハロア&ウルコウビーチ」だそうですが、私はここがいわゆるワイキキビーチだろうと思っていました。

 理由は単純。この付近にはビーチパラソルが並び、目の前が美しいビーチ。左を見るとハワイを代表するダイヤモンドヘッド。沖合の上空を飛行機が行き交うという典型的なハワイの情景を楽しめるからです。

 さらにその先が「クヒオビーチ」となっていますが、私の感覚ではクヒオビーチは沖合に小さな堤防が連なっているあたりだと思っていました。

 この堤防の内側は大潮の満潮時でない限り、外から大きな波が来ることはなく、家族連れには好評ですね。波打ち際にはいつ行っても体長10~20cmの銀色の美しい小魚が群れていることが多く、これを見ると「ハワイのビーチだなあ」と心が和みます。

 さらに小さな堤防の向こう側は「クイーンズ・サーフ・ビーチ」だそうで、ボディボードを楽しむ人が多数。そしてワイキキ水族館を経て「サン・スーシー・ビーチ」となります。

 このあたりから海沿いに歩けば、ヒルトンあたりまでほぼ3km。どこを歩いても美しいビーチの景観を楽しむことができます。
 

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール