HOME   »  ★★★宿泊★★★
Category | ★★★宿泊★★★

第3067回 リニューアルしたワイキキビーチコマーの紹介記事を発見

 今年の梅雨は、雨量はそれほどでもないものの、ひたすら曇り空が続いているので、妙に長いなという印象があります。そのため野菜の値段が高騰。特にキューリは1本100円なんてこともあるようで、困ったもんです。

 私も市民農園でキューリを作っていますが、今年は最初に植えた苗が寒さで全滅。植え替えた苗が今は育っていますが、花がなかなか咲きません。

 たま~に出来るキューリを大事にサラダにして食べていますが、こんな経験はここ10年ぐらいで初めてのような気もします。というわけで、梅雨が明けてもしばらくは野菜の値段が上昇するだろうなと予想しています。

 一方ハワイも曇り時々晴れの天気が続いているようで、7月下旬にハワイに行く人は予想外の蒸し暑さを感じるかもしれません。

日刊ローカルニュースより

 アラモアナビーチパークで大規模の改修工事が行われる予定だそうで、工事期間は来月から10月まで。ちょうど夏休みになるわけで、この辺りで遊ぼうと思っていた人に影響が出るかも。

 立ち入り禁止となることはないと思いますが、静かにのんびりビーチを楽しもうと考えていた人は、カイルア等に場所を変えた方が良いかもしれません。

Risvelより

 改修工事が終了して新しく生まれ変わった「ワイキキビーチコマー」の紹介記事が出ています。5月のハワイ旅行でこのホテル周辺を歩いてきましたが、確かに以前の雰囲気は一掃されてモダンになった感じ。

 またすぐ近くにはかつてのインターナショナルマーケットプレイスを思わせる小さな屋台のような店が多数まだ残っていて、「この雰囲気が良かったんだよな」と思いながら散策をしてきました。

 記事では「ロケーションが抜群」と書かれていますが、これは私も同感。早い話がワイキキの地図を開いて、ここが真ん中だと思える場所をみると、そこにあるのがビーチコマーです。

 ビーチまではロイヤルハワイアンセンターを横切って200mぐらい。周辺にレストランは多数。カラカウア通りの向かい側は、ロイヤルハワイアンセンターのチーズケーキファクトリー。

 高層階の部屋からならビーチも良く見えそう。ホテル内に新しくレストランもオープンして、何かと話題になっています。しかもホテル東側にはインターナショナルマーケットプレイスもあり、ちょっと山側に歩けばクヒオ通りの丸亀製麺前に出ます。

 てなわけで、ビーチフロントの高級ホテルより利便性が高いのではと思っているのですが、当然ながらそこまで利便性が高ければ宿泊料も高いはず。

 記事には良いことばかり書かれていますが、肝心の宿泊料金の記載がありません。というわけでトリップアドバイザーで調べてみると最安値が1泊2.7万~となっています。

 予約先を見るとHotels.comとなっていて、詳細を見ると、実際にはリゾートフィーのようなものが加算され、1泊が3.1万ぐらい。部屋は30m2でシティビュー。

 やっぱりそうだろうなという印象ですが、初めてのハワイでともかくホテルのロケーションを重視し、ハワイの雰囲気を満喫したいなら、このホテルの選択もありかなという気はします。



 

第3046回 ハワイの宿泊はリゾートフィーを含めた合計金額で考える

  朝から湿気の少ない爽やかな風が吹いていて、なおかつ青空も広がっているので、「なんだかハワイみたいだな」と思いながらこれを書いています。

allhawaiiより

 新しくリノベーションされたホテルが続々誕生しているハワイですが、ワイキキ中心部に近いホテルはともかく室料が高い。そのうえ税金やらリゾートフィーが加算されるので、見かけは200ドルぐらいでも、合計額を日割り計算するといつの間にか300ドル近い数字になってしまいます。

 というわけで、狙い目はやはりコンドミニアムのバケーションレンタルということになるのですが、では通常のホテルで安いところはないのかと言えば、中心部から少し外れれば多少安くなることも事実。

 そんな中で新しく改装オープンしたのがワイキキの東端にあるクイーンカピオラニホテル。現在サマーセールを実施中だそうで、通常より料金が15%割引です。

 というわけでリンク先だったクイーンカピオラニホテルのウエブサイトにジャンプ。8/25~8/31の6泊の日程を入力して検索してみたら、合計宿泊料が約853ドル。

 1泊あたり142ドルぐらい。日本円換算なら15600円。これは確かに安い。ただし部屋の設備等を見ると広さが22~25m2ぐらいと書かれているので、日本のビジネスホテルのツインサイズぐらい。

 広い部屋でのんびりリゾートという雰囲気からは少し遠い。ただ私のような一人者の旅行では結構使えるかもという印象があったので詳細を確認。

 すると詳細ページでがっくり。上記の料金の他に税金やホスピタリティ料金(リゾートフィー)が加わって、結局合計が1221ドルとなってしまい、1泊が200ドルを越えるので「安い」というのは幻想だということが分かりました。

 この予約方式だと、うっかり「安い」と思って予約してしまう人が出てきてしまいそう。まあ比較的安いとはいえ激安というホテルではなさそう。

 というわけで、ハワイのホテルは、見かけの宿泊料に惑わされることなく、予約に当たっては最後の合計料金を確認するまで気を抜けないということです。

 特に最近は宿泊料に含まれないリゾートフィー(サービス料やホスピタリティ料等名称はいろいろ)の価格が、少しずつ上昇している印象です。

 この料金が設定されるようになった5年ぐらい前は、1泊10~20ドル程度だったと記憶していますが、最近は電話料金、ネット接続料金、駐車代、アメニティ代等様々な項目を付加して少しずつ値上げ。

 1泊あたり40ドル程度になっているホテルもあるようで、目に見えない形の値上げだなと思っています。これから予約をする人はこういった点にも気配りが必要。

 それが面倒に思えるならツアーかなという気もしますが、ネットで検索するとリゾートフィー不要という宿泊施設もいくつかあるみたいです。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール