HOME   »  ★★★宿泊★★★
Category | ★★★宿泊★★★

第2841回 LeaLeaバケーションレンタルは、合計料金が高い印象

 今日は朝から暑いです。猛暑復活でしょうか?現在の室温は29℃。扇風機を使っていますがかなり蒸し暑い。日本に接近中の台風の進路予想を見ると、明日あたりから今週の土曜にかけて西日本や日本海側の地方が影響を受けそう。

 場合によっては再び豪雨となるそうですから、すでに豪雨被害を受けている方は心配しているだろうなと思っています。

 一方ハワイ諸島に接近しているハリケーン「Lane」ですが、スターアドバタイザーの記事によれば、当初の予想より北側の進路をとっているようで、今日の見出しは「ハリケーンLaneがハワイ諸島に接近」という見出しに代わっています。

 現在の位置はハワイ島カイルアコナの南南東640kmの位置にあるそうで、時速16kmで西北西に移動中。ホノルルまでは880km離れていますので、2~3日で最接近ということになりそうですから、現地時間木曜から金曜ということですね。

 ということは金曜の朝にホノルル空港到着予定の人は、少しばかり風等の影響を受けるか可能性がありそうです。またワイキキへの移動も雨となっているかもしれません。

LeaLeaバケーションレンタルより

 HISの関連会社であるLeaLeaバケーションレンタルが、2018年上半期の人気コンドミニアムベスト10を発表という記事がありました。コンドミニアムが大好きな私は早速リンクページへジャンプ。

 ランキングは予約数の集計だそうです。

 1位から順に書くと、ワイキキ・ビーチタワー、ワイキキショア、マリーンサーフ、イリカイ・マリーナ、リージェンシー・オン・ビーチウォーク、フォー・パドル、イリカイ・アパート、ルアナ・ワイキキ、ワイキキ・サンセット、フェアウェイビラだそうです。

 一見して、割と高級なコンドミニアムが多いのでびっくり。私の好きなワイキキ・バニヤンが選外だったのはちょっとショック。
またお手頃価格のロイヤルクヒオやパークハイツも選外。まあ誰しもそうだとは思うのですが、海沿いのコンドミニアムがやはり人気がありそうです。

 ちなみにこの中で私が一番気に入っているのはフェアウェイビラなので、10月の仮の日付を入力して値段を確認すると最低料金の部屋が1泊が115ドルで安い!。

 しかし税金等を含めた料金を確認してびっくり。4泊で合計460ドルですが、これに予約手数料30ドル、設備保険料39ドル、クリーニング代150ドルが加算され合計679ドル。

 この金額に税金69ドル、管理運営費?90ドルが加算され、合計なんと約840ドル。宿泊料金の2倍近くとなってしまいます。まあHISブランドというネームバリューがあったり、すべて日本語で対応できるということで利用する人が多いんだろうなとは思いますが、最初の宿泊料と合計料金の差が大きすぎる気がします。

 これは他のサイトでも言えることですが、宿泊価格ではなく、合計料金を調べて検討しないといけないということだと思います。



 

第2827回 バケーションレンタル利用者が増加

 以前も書きましたが、「暑い」というより「熱い」という字のほうが正しいように感じる暴力的な暑さです。昨晩は一晩中エアコンのお世話になり、もうそろそろ気温が下がったかなと明け方トイレに起きたら、廊下は暑いままで朝方の気温低下を全く感じず。

 慌てて用足しをしてすぐにベッドに戻りました。しかし6時半に起きてリビングに降りると室温はすでに30度。朝食中はエアコンをかけ、その後エアコンを切って洗濯やブログの更新をしていましたが、コンピューター部屋の室温が32℃になったので、エアコンのあるリビングに避難してきたところです。

 夏場の暑さには強い、というか高血圧気味なので夏場のほうが体調が良いと思っていましたが、さすがにこの暑さは行きすぎですね。暴力的な暑さだなと思えます。

 一方ハワイの気温を見たらここ1週間は華氏88~89℃ぐらい。これは摂氏31~32度ぐらいに相当しますので、湿度も考慮すると実に過ごしやすそうです。

 なお、スターアドバタイザーには、アメリカ西海岸に熱帯低気圧があり、今後台風に発展するかもという記事が出ています。お盆の頃にハワイ入りを目指している方はちょっと注目していた方が良いかもしれません。

パシフィックビジネスニュースより

 バケーションレンタルを利用する人が増えているという記事が出ています。詳細は良く分からないのですが、バケーションレンタルというのは、個人や管理会社が所持している部屋を、宿泊を希望する人に貸し出すというイメージだと思います。

 この部屋の多くは、いわゆるコンドミニアムタイプが多いです。ホテルと違って、毎日メードサービス等が入るわけでもなく、コンシェルジュといったサービスもありません。

 つまりホテルに比べて人件費が安いということで宿泊料金が安くなっているのかなという気がしています。ただし部屋の清潔度や設備はさまざまなグレードがあるので、これは管理会社やその部屋に宿泊した人のレビューを気にする必要があります。

 とはいうものの、コンドミニアム等を予約すればソファーベッド等がある部屋もあり、家族連れには向いていますね。また暮らすハワイという言葉をマスコミが頻繁に使うようになって、部屋で食事ができればいいなあと考える人も増えてきたのかもしれません。

 さらに昨今のハワイの宿泊費はともかく値上がりが激しいので、それを少しでも避けたいという気持ちもあるのかも。私がワイキキで一番気に入っているコンドミニアムはワイキキバニヤンですが、部屋の広さは1ベッドルームタイプで50m2前後あります。
 
 通常のホテルではいわゆるスイートに相当する広さで、それが1泊税金や諸経費込みで1.8~3万で宿泊できます。ホテルの場合は広さは30~40m2で、宿泊価格は2.5~5万ぐらい?

 というような内容が徐々に浸透し、バケーションレンタルの利用者が増えているのかなという気がします。ただしこういったバケーションレンタルの部屋の使い勝手を享受するためには、少なくとも1週間ぐらいの宿泊が必要な気もします。

 それでも、私が最初にワイキキバニヤンを選択した理由は、ともかく部屋が広いということに尽きました。大きなベッドがあって、いわゆるリビングダイニングキッチンがあって、ラナイに出ると開放的な景色を楽しめるということが魅力に感じられました。

 ホテルなら優雅にルームサービスで朝食なんて言う楽しみもありますが、正直肩がこる部分もあるので、私はそういったオーダーをしたことがありません。

 むしろ何回も書いているように、朝起きたらお気に入りのグアバジュースをマグカップに注ぎ、ラナイに出て朝のワイキキの景色を見ながら、一気にぐ~っと飲み干すときの爽快感を重視しています。
 

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール