HOME   »  ★★★観光地★★★
Category | ★★★観光地★★★

第2590回 アリゾナメモリアル、潜水艦ミズーリ、太平洋航空博物館

 日刊ローカルニュースより

 ハワイの航空博物館で来館者が200万人を突破したそうです。航空博物館は、いわゆるパールハーバーとして一般に公開されているアリゾナの記念公園から、専用のバスで行くことができます。
 
 行きたい人はアリゾナ入り口の正面にあるチケット売り場で、航空博物館入場のチケットを購入し、そのまま左の方に移動すると専用のバス乗り場があります。
 
 ここでバスに乗車すると、バスはいったんアリゾナの記念公園を出て一般道を2kmほど走り左折。大きな見晴らしの良い橋を渡るとそこがフォード島となります。

 島の中を少し走ると最初に現れるのが戦艦ミズーリで、戦争で使われた戦艦ですが見ごたえはあります。こんなでかい砲で撃つのか、その音や衝撃はさぞかしすごかっただろうなと思います。

 中は見学もでき、時間帯によっては日本語による館内ツアーもあったと記憶しています。もちろん個人で見学することも可能で、館内を階段で上に行ったり下に行ったりするのは疲れますが、戦艦とはこういうものかという勉強にはなります。

 見学の所要時間は1時間程度だと思います。

 このミズーリを見学しないで、バスにそのまま乗っていると、島内を10分ほどはしり、太平洋航空博物館に到着します。館内は大きく二つに分かれ、一方が太平洋戦争当時に使われた航空機の展示、ちょっと離れた場所に最近の軍用航空機が展示されています。

 全体の見学は、飛行機を見て回るだけなのでやはり1時間もあれば十分かなという気もしますが、飛行機好きの人はもっとかかるかもしれません。 

 ちなみにここにはレストランも併設されています。ちょっと地味なレストランですが、そこそこおいしいプレートランチがありました。

 アリゾナの受付近くにもお土産屋さんや飲食店がありますが、食べ物のほうは軽食が多いので、しっかり食べたいと思う人は、見学も兼ねてこちらまで来た方が良いと思います。

 なおアリゾナメモリアルですが、いつもいつも混雑していますので、これも見学して、近くに係留してある潜水艦ボウフィンや戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館を見学することになると、ほぼ1日がつぶれます。

 その場合は個人で行くより、ツアーを利用した方が時間的な節約になるかもしれません。またアリゾナにバスを使って行く場合、ワイキキからは42番バスになります。

 ワイキキからは片道1時間ちょっと。アリゾナに到着すると、バスはメモリアルの入り口まで行きますので、降りる場所がわからなくても大丈夫です。アナウンスもあります。ただし帰りはバス通りまで歩かないといけないようです。といっても500mもなかったと思います。



 

第2589回 ハワイで虹を見るなら

スターアドバタイザーの記事より

 ハワイ諸島に近づいていた熱帯的圧は勢力がどんどん弱くなって、ほとんど影響はなさそうです。また問題になっていたキングタイドの影響もなさそう。ただ通常よりは若干波が高くなると思われるので、水遊びはいつも通りの注意が必要です。

トラベル・ビジョンより

 話変わってメインサイトの「ハワイ旅行あれこれ」の掲示板に、多数の方が書き込んでくれうれしく思っています。私も書き込もうと思うのですが、目下のところハワイ行きの予定も立てられない状態なので、書き込みを見ながらハワイへの気持ちをかき立てています。

 そんな中、秋以降にチャイナエアラインのホノルル便の運航が不定期になるかもという書き込みがありました。実際どうなるんだろうと思っていましたが、このほど少し詳細が明らかになりました。

 基本的に10/29~3/24は運休?となり12/7~1/8まで、季節便として運航するようなことが書かれています。代わりに成田~台北(桃園)便は増便になります。

 しかし空いているときに安いチャイナのエコノミーで、座席を二人分占有して旅行をするという、ちょっとずるがしこい方法が少し制約を受けることになりそうです。

 さてハワイに行くと、時々思ってもみないときにきれいな虹を見ることができ、「いやあさすがハワイだ、空がきれいなんだな」と感動することも多いです。

 そんな虹ですが、偶然見つけることも多いのですが、意図的に探すこともできます。特にワイキキに滞在している場合は、早朝から9時ぐらいまでが絶好のチャンスです。

 虹というのは、太陽の光が雨粒内で屈折してできるので、先ず霧雨のような雨が第一条件。ハワイではこの霧雨のような雨が良く降るので虹ができやすいと言えます。

 しかし上に書いたように、雨が条件とはなりますが、太陽も出ていないと光が雨粒に当たりません。つまり太陽のある方角は晴れていないといけないということです。

 この条件を満たすには、ワイキキだと夏の今の時期は、早朝海に向かって左後ろから太陽が出てくるときに、アラモアナ方面の海の上に雨が降っているときということになります。

 つまり海に向かって左後ろは晴れていて、右前の上空にちょっと黒い雲が広がっているときです。でこの黒雲から雨が降ればそこに太陽光が当たって虹が見えることになります。

 ちなみに夏休みの宿題で理科の実験をやりたければ、この虹の観察をテーマにしてもよいし、霧吹き(100円ショップで売っています)を一つ持って行って、これで背中に太陽が来るようにして霧を作れば、簡単に小さな虹が作れます。またプリズムを使えばさらにくっきりした虹のスペクトルを観察することもできます。

 しかしそれも面倒ということなら、午後3時過ぎにハイアットリージェンシーの滝を見に行くと、そのしぶきの中に虹を見ることもできます。



 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール