HOME   »  ★★★アクティビティ★★★
Category | ★★★アクティビティ★★★

第2914回 オアフ島でクジラ、ウミガメ、フムフムヌクヌクアプアアを見るには

  今日のカレンダーを見たら、「大雪」と書かれていました。天気予報の大雪ではなく「たいせつ」と読むようで、雪が激しく降り始めるころを指すみたいですね。

 実際日本海側では今日あたりから大雪になることが予想されているようです。ただ私が住んでいる埼玉県では、そういった気配は全くなく、日中の気温も15~20℃ぐらいで、意外と過ごしやすい毎日です。

 そんな中、ハワイのノースには冬場の恒例、10~15mぐらいの高波が押し寄せているようで、スターアドバタイザーにはその波とサーフィンを楽しむ人たちの動画が出ています。

 ちょっとうねりがあって、見た目サーフィンには向かないような波ですが、その中を果敢に滑っている人たちもいるようで、ほとんど泳げない私から見ると実に危険かつ気持ちよさそうです。

 動画の題名を見るとワイメアベイで撮影されたようですが、その様子をビーチで撮影している人たちの動画も掲載されています。今の時期ならではのハワイの光景ですね。

ニコニコニュースより

 「ハワイでウミガメやクジラに会える!とっておきの場所3選」という記事が出ています。いずれも有名な場所なので、知っている人も多いはず。

 先ずはホエールウォッチング。今年はまだ「クジラを見た」という目撃情報は少ないような気もするので、あまり期待は出来ませんが、もしいたら確実に見える場所として、マカプウ灯台近くが紹介されています。



 この場所には「ここが鯨観測場所」という看板が立てられていてい、確かにそこから見る海の景色はクジラがいなくても素晴らしいところです。

 ただレンタカーがないとちょっと行きにくい。しかし逆に人気のある場所なので、駐車場はすぐに満杯になります。私はその先にあるシーライフパークまでバスで行き、海の景色を見ながら歩いて行くことが多いです。

 ちなみにこの場所から海面を付近を優雅に泳ぐウミガメの姿を見かけたこともあります。ハワイの海の景色が好きな人なら、この近辺の景色の素晴らしさは、くじらやウミガメに出会えなくても楽しめるはずです。

 また先端の展望台まではコンクリートの道が続いているので、子供やお年寄り、場合によってはベビーカーでも行くことができます。ただし海側は柵もなく、風が強いこともあるので、それだけは注意が必要です。

 二つ目がウミガメですが、紹介されているのはマウイ島なので割愛。オアフ島なら、ノース方面に行きビーチを見ていればヒョコッと海面から顔を出すことがあります。カイルアあたりでもよく見かけます。

 最後がハナウマ湾の「フムフムヌクヌクアプアア」という茶色いカワハギの仲間の魚ですが、ハワイの州魚に指定されています。しかしこの魚、近年ワイキキビーチの堤防付近でも簡単に見ることができるので、わざわざハナウマ湾まで行かなくてもいいような気もします。

 特にカピオラニ公園前の小堤防付近に多いです。
 

 

第2913回 ハワイに行って何をするか悩んでいる人のために

  昨日、今回の5泊6日のバンコク旅行で必要だった総費用を計算。結果は飛行機代7万、ホテル代5万、現地での消費4万ということで、合計16万ぐらいでした。

 これをハワイに置き換えると、飛行機代10万(もっと高いかも)、ホテル代10万、消費5万ぐらいということになりそうで合計25万ということになり、やっぱりハワイ旅行は高くつくなあとため息が出ます。

 しかしハワイにはバンコクにはない美しい海や空気、きれいな青空、新鮮な果物といった魅力的な自然がありますので、やはり1年に最低1回は行きたいなと感じます。

日刊ローカルニュースより

 バンコク旅行中のハワイのニュースをチェックしていたら、10/8から行われていた主要高級ホテルの従業員さんたちによるストライキが、ようやく合意に達しストが終了というニュースが出ていました。

 合意された内容も記事に書かれていますが、正直なところあまり実感がありません。それでも過去にあまり例を見ない長期間のストでしたから、解決してよかったなとは思います。

 一方、ハワイ訪問者が州内で消費した額が3年ぶりに下落という記事も出ていますね。内容を見ると、日本、中国、韓国からの訪問者が減っているとのことで、もしかするとお金を気前よく使っていた中国人旅行者の影響があるのかなと感じました。

 ちなみに中国、韓国からの訪問者数は3割以上減っているみたいですから、逆に今ハワイに行けば、日本人は歓迎されるような気もします。

JIJI.COMより

 ハワイに行ったら何をして遊ぼうかと悩む人は多いと思います。個人的には遊ぶより、ビーチでコーヒーを飲みながら海の波を眺めているのが一番という気もするのですが、それはたぶんいろいろなことをやってきた経験があるからだと思います。

 初めてハワイに行く人は、やはりスイミング、シュノーケル、サーフィン、ハイキング、買物、グルメ等々、やりたいことは色々あるはず。

 逆にありすぎて何をしたらよいか分からないと悩む人も多いはず。そんな人のためのアクティビティガイドブックが昭文社から発売されるという記事が出ています。

 12/6発売で定価が700円。内容はハワイでできる面白そうなことが網羅されているようで、ハワイに行く前の旅行計画立案時に役立ちそうです。


 

第2863回 ココクレーター登山に挑戦しよう

  朝から雨でいまいち元気が出ません。気温も急低下で、夏以降初めて長袖シャツを着ています。早く抜けるような秋空を見たいです。

スターアドバタイザーの記事より

 ハワイカイとハナウマ湾の間にココクレーターという山があります。この山には、頂上に物資を運ぶための枕木とレールが作られているのですが、現在は使用されていません。

 たぶん戦時中の建設だと思われますが、現在はその枕木が階段状になっていることを利用して、多数のハイカーがクレーター頂上を目指すルートになっています。

 場所はココマリーナの東になり、ココヘッドパークロードという公園内の道を進みます。レンタカーがないと行きにくい場所です。パークロードの終点近くに駐車場田が点在していますので、トイレのある駐車場で先ず休憩です。



 さらにその先に進むと左側にグラウンドが見えてくるので、その奥に向かうと右側にトレイル入り口があります。すでにそこに近づく途中から一直線に登っていく枕木の階段が見えていますが、下から見ると壮観です。

 下から見上げて、「ここを上るのかあ」と足腰の弱い人は愕然とすると思います。実際上り始めると、途中の枕木の下の部分の土がなくなって、枕木が宙に浮いている部分もあり、かなり怖い思いもします。

 というわけで、今日の記事では、こういった枕木階段の破損部分を修復するための資金が集まりつつあるというものでした。

 さてそういった危険個所を迂回したり、下を見ないようにして歩き続けると、途中から階段の角度が徐々に急勾配になり、1歩1歩が辛くなってきます。

 それでも、疲れてきて後ろを振り返るとハナウマ湾やハワイカイの街の絶景を眺めることができ、しばし疲れを忘れます。ただし階段の途中で手すりもないので、高い場所から下界を見下ろしていると、時にフラ~っとすることもあるので注意が必要です。

 私の場合は息子と一緒に上りましたが、息子は難なく登頂。私の方は途中で「もうこれ以上は無理だ」と何回もめげそうになりました。

 当然ながら下から新たに上ってくる人もいて、私の疲労困憊している姿を見て「大丈夫?頑張って」と声をかけてくれる人も結構いました。

 結局最後の方は、「あと10段上ろう」とか、「あそこまで登ったら休憩だ」と自分自身を叱咤激励して何とか上り切りました。頂上では先に上った息子が待ちくたびれていました。

 また途中で私を追い抜いた陽気なおじさんもいて、「おめでとう」なんて声をかけてくれ、ちょっと嬉しかったです。ちなみに頂上からの景色は360度見渡せ、実に素晴らしいものでした。

 ただ同時に、「2回目はないな」という確信も持ちました。枕木階段が修復されて上りやすくなったとしても、50歳を越えてからの挑戦はかなりきついです。絶景を楽しむなら40代までだなという気がします。

 挑戦するなら、靴はしっかりしたもの、トイレを済ませ、飲み物を確保。さらに途中木陰はほとんどないので帽子等は必須。上りはとんでもなく疲れます。一方帰りは比較的楽でしたが、ひたすら階段を降りる形になるので、膝への負担が大きいです。

 駐車場に戻ってくる頃にはちょっと膝の痛みを感じ、足の筋肉そのものも疲れ切って、レンタカーの運転にちょっと支障がありました。でもよい思い出になっています。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール