HOME   »  ★★★宿泊★★★
Category | ★★★宿泊★★★

第3046回 ハワイの宿泊はリゾートフィーを含めた合計金額で考える

  朝から湿気の少ない爽やかな風が吹いていて、なおかつ青空も広がっているので、「なんだかハワイみたいだな」と思いながらこれを書いています。

allhawaiiより

 新しくリノベーションされたホテルが続々誕生しているハワイですが、ワイキキ中心部に近いホテルはともかく室料が高い。そのうえ税金やらリゾートフィーが加算されるので、見かけは200ドルぐらいでも、合計額を日割り計算するといつの間にか300ドル近い数字になってしまいます。

 というわけで、狙い目はやはりコンドミニアムのバケーションレンタルということになるのですが、では通常のホテルで安いところはないのかと言えば、中心部から少し外れれば多少安くなることも事実。

 そんな中で新しく改装オープンしたのがワイキキの東端にあるクイーンカピオラニホテル。現在サマーセールを実施中だそうで、通常より料金が15%割引です。

 というわけでリンク先だったクイーンカピオラニホテルのウエブサイトにジャンプ。8/25~8/31の6泊の日程を入力して検索してみたら、合計宿泊料が約853ドル。

 1泊あたり142ドルぐらい。日本円換算なら15600円。これは確かに安い。ただし部屋の設備等を見ると広さが22~25m2ぐらいと書かれているので、日本のビジネスホテルのツインサイズぐらい。

 広い部屋でのんびりリゾートという雰囲気からは少し遠い。ただ私のような一人者の旅行では結構使えるかもという印象があったので詳細を確認。

 すると詳細ページでがっくり。上記の料金の他に税金やホスピタリティ料金(リゾートフィー)が加わって、結局合計が1221ドルとなってしまい、1泊が200ドルを越えるので「安い」というのは幻想だということが分かりました。

 この予約方式だと、うっかり「安い」と思って予約してしまう人が出てきてしまいそう。まあ比較的安いとはいえ激安というホテルではなさそう。

 というわけで、ハワイのホテルは、見かけの宿泊料に惑わされることなく、予約に当たっては最後の合計料金を確認するまで気を抜けないということです。

 特に最近は宿泊料に含まれないリゾートフィー(サービス料やホスピタリティ料等名称はいろいろ)の価格が、少しずつ上昇している印象です。

 この料金が設定されるようになった5年ぐらい前は、1泊10~20ドル程度だったと記憶していますが、最近は電話料金、ネット接続料金、駐車代、アメニティ代等様々な項目を付加して少しずつ値上げ。

 1泊あたり40ドル程度になっているホテルもあるようで、目に見えない形の値上げだなと思っています。これから予約をする人はこういった点にも気配りが必要。

 それが面倒に思えるならツアーかなという気もしますが、ネットで検索するとリゾートフィー不要という宿泊施設もいくつかあるみたいです。


 

第3038回 今回利用の部屋はエアコンがいまいちでした

 今日は朝5時に目が覚めてしまいました。ハワイだったら10時ですから立派な朝寝坊ですが、ここは日本。やはり時差ボケ解消に時間がかかるようになっています。

 それにしても埼玉は意外に涼しい。天気予報では「今日も暑くなりそう」とか「不安定な天気」という語句が使われていますが、朝起きるとどんよりとした曇り空で、気温も低めで寝やすい。

 今年のハワイは、夜結構蒸し暑かったです。私は、ハワイ滞在中は部屋の窓を開けて、自然換気で寝ることが多いのですが、今年は何日かエアコンを使用せざるを得ませんでした。

 しかし相変わらずハワイのコンドミニアムに設定されているエアコンは音がうるさい。ガシャっという大きな音でスイッチが入り、グワングワンとモーターが回転。

 さらにシュワーという音とともに冷気が噴出し、エアコンによっては機械そのものが振動し、ガタガタと音が出ます。今回の部屋の設備はおおむね満足のいくものでしたが、このエアコンだけはダメでした。

 温度設定を少し高めにして、ファンの速度を低レベルにして使っていましたが、自動でスイッチが入るたびにモーターが起動する音で目が覚めてしまいました。

 これまでの経験では、音が静かなエアコンに遭遇することも多かったのですが、今回はエアコンのみ外れ。その他の設備は良かったです。

JIJI.COMより

 今回私が宿泊したのは、何回も書いているようにバニヤンのタワーⅠの5階にオフイスがあるkokoresortsという会社。これまでの宿泊経験では、宿泊したどの部屋もそこそこ満足のいくものでした。

 ただ宿泊価格は年々上昇し、近年はダメージ保険やサービス料なるものも宿泊費に加算されるようになり、以前は総費用が1泊1.8万程度でそこそこの部屋に宿泊できたのに、今回は1泊2万円を少し超えてしまいました。

 そんな中、今日のjiji.comの記事には、レイハワイ不動産が、バケーションレンタルの新予約受付サイトを公開という記事が出ています。

 そこで表示されたリンク先のページからレイハワイ不動産のホームページにジャンプし、8月下旬の価格を検索。表示された部屋の中から、バニヤンと同じグレードの部屋であるワイキキサンセットを選択。

 すると宿泊価格は1泊が111ドル。こりゃ安いやと思って合計料金を見てみると、4泊の合計が759ドル。ハウスキーピング代やダメージ保険料、税金を含んでいます。

 ちょっと高くなっているなと思って内訳を詳細にみるとハウスキーピング代が180ドルでこれが大きい。というわけで1泊が190ドルぐらいとなり,これだとkokoresortsとあまり変わりません。

 ただ有利なのは日本語で予約ができること。一応私はお気に入りサイトに登録しておこうと思っています。


 

第3020回 ワイキキバニヤン タワーⅠの27階の部屋を予約

  今日の埼玉は朝から小雨模様。梅雨入りを思わせるような空です。市民農園の畑には良いなと思っていますが、やはり日中の活動時間帯の雨は鬱陶しいです。

 さてさんざん悩んでいたハワイの宿泊先ですが、昨日書いたように「やっぱりいつものkokoresortsにしようか」と思って、ホームページへ。

 すでに何回か繰り返し見ていますが、旅行日程等を入力して現在空きのある部屋のリストを見ます。候補はほとんどがタワーⅠの10数部屋。しかも一覧表になった部屋番号の末尾の数字を見るとみんな偶数。

 バニヤンの末尾が偶数の部屋番号は、タワーⅠがアラモアナ側の眺望で、30mほど隔てた向こう側にヒルトンワイキキビーチの建物ばそびえています。

 というわけでラナイ正面の眺望がちょっと悪い。その代わり左を見ると15階以上の部屋ならカラカウア通りの教会越しに海が見えます。

 また右を見ると、マノアの山が広がり、夜景は美しい。反対に奇数の部屋はダイヤモンドヘッドビューとなり開放的。右手には海が見えますので、「本当は奇数が良かったなあ」と思いましたが、間際の日程で文句は言えません。

 またタワーⅡは、末尾が偶数の部屋はビーチ側で眼下にバニヤンのレクデッキが見える良い眺望です。ただし建物のアラモアナ寄りの部屋は、目の前にタワーⅠの建物が見えますので、やはり眺望はいまいち。

 奇数は眼下にアラワイゴルフ場が広がり、夜景がきれい。というわけで、良いのはタワーⅠの末尾が奇数の部屋。タワーⅡの末尾が偶数の部屋でダイヤモンドヘッドよりの部屋ということになります。

 というような予備知識を持って一覧を眺めると、候補の部屋は低層階かタワーⅠの偶数の部屋ばっかり。その分宿泊費は若干安く設定されているようで、1泊が120ドル。

 ただし税金やクリーニング代のほかにサービスチャージやダメージ保険みたいなものが近年請求されるようになり、総額が7泊で1315ドルぐらい。

 これをここ数日ちょっと円高になっているので1ドル110円として換算すると総額が14.5万ぐらい。目標だった1泊2万円はクリアできませんでしたが、「まあいいか」と思って決断。

 選んだのはタワーⅠの27階の部屋。早速手続きを進め、昨晩予約が完了。今日の朝ネットに接続するとkokorezortsさんからメールが来ていて、めでたく予約が成立。

 出発は26日ですから12日前の直前予約となりました。今後は、成田空港までのリムジンバスの予約、さらに旅行保険の予約、空港~ワイキキ間のロバーツハワイの予約といった作業が残っています。



 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール