HOME   »  
 | 

第3211回 新型コロナウイルス ハワイの感染状況は?

  今日の埼玉は朝からきれいな青空が広がっています。先ほどちょっと地域の清掃活動に参加してきたのですが、気温は低めですが、やはり青空の下は気持ちがいいです。

 ただ残念なことに、花粉が飛び始めているようで、ゴミ拾いをしていたら鼻水がタラ~っと出てきてがっくりです。まあ新型コロナウイルスの問題もありますから、外出時はマスク着用ですね。

 とはいえ、近所のドラッグストアでは、ここ1週間ぐらいマスクの売り切れ状態が続いています。そのちょっと前に30個入りのものを買い増したので、当面我が家は持ちこたえると思っていますが、買いそびれた人は困っているだろうなと思っています。

 今日のワイキキは晴れたり曇ったり。風も結構ありそう。沖合からちょうど良い高さの波が押し寄せているようで、多数のサーファーがサーフィンを楽しんでいます。

 ビーチにも次から次へと波が打ち寄せているので、家族連れは大はしゃぎしているように見えます。ただクヒオビーチの波止め堤防内側にはあまり人がいない感じ。

 海面の高さは、ちょうど干潮なのか結構低い。その分ビーチの砂浜の面積も多くなっているように見えます。

日刊ローカルニュースより

 ハワイから帰国した男性が新型コロナウイルスに感染していたというニュースにはかなりびっくりさせられました。その男性のハワイでの行動がまとめられています。

 ハワイ滞在中は、微熱でマスクを着用していたという記述があり、要するにハワイの人への感染確率は少ないと判断されたようです。

 それはそれでよかったなと思うのですが、そうなるとこの男性はいったいいつどこで感染したのか?ということになり、潜伏期間を考えるとハワイに行く前の日本で感染した確率が高そう。

 今現在日本各地で感染経路が不明の患者さんが見つかっているようですが、この状態はしばらく続くような気もします。

 ちなみにスターアドバタイザーには、この方が利用したデルタ航空に関する記事も掲載されています。また現在ハワイでは58名の方が、自宅等で症状の有無を確認中とのことのようです。

 またニコニコニュースにもハワイの新型コロナウイルスの現状がまとめられています。感染疑いのある人は、自宅若しくは隔離施設にいるようで、いずれの方も重症化はしていない様子です。

 とはいえ、ハワイもアメリカですから、米国政府が発令した非常事態宣言には従っているはず。内容はリンク先の記事を一読してもらえればよいと思いますが、旅行予定のある人は感染を拡大しないためにも、自分の体調をよく確認する必要があるようです。

 また万が一ハワイで発症という事になると医療費が多額になる可能性もありそう。ハワイというかアメリカでは風邪程度の受診でも数万かかると言われていますから、今の時期の旅行は海外旅行保険は必須条件であるような気がします。
 

 

第3210回ハワイからの帰国者が新型コロナウイルスに感染

 土日を経過して、日本国内の新型コロナウイルスの感染者が増加。その報道内容を聞いていると、とにかく感染力が強そう。一番感染しやすいのが密室空間ということで、不特定多数の人が乗車する公共交通機関から、感染が一気に広がりそうです。

 報道記事の内容も、これまでは水際で食い止めて封じ込めるという事が主になっていましたが、だんだんそれだけでは無理だという判断も増えてきたようで、感染を避けるために個人ができる方法という内容にシフトしてきました。

 さらにハワイから帰国した人が感染していたという報道を聞いてびっくり。いったいどこで感染したのか?やはり空港?機内?同じ日付で帰国した多数の人が心配しているのではと思っています。

 この方は1/28~2/7までハワイ旅行を楽しんだようで、帰国後の13日に発熱だそうです。7日の日は20:07に中部国際空港からの名鉄特急に乗って帰宅という記事も出ています。

 しかし昨晩NHKのニュースを見てさらに驚いて、思わず「え~!?」という声が出てしまいました。その内容は新型コロナウイルスに対する専門者会議の初会合を行ったという内容。初という言葉を聞いてびっくりです。

 という事は、これまでこういった専門家が集まって対策を協議するという事はなかったという事で、この二か月間政治は何をやっていたんだ?と大きな不信感が生まれました。

 中国で謎の肺炎という記事がネットに出たのは12月。その後1月になって死亡者が出て、なおかつ感染者が毎日増加していましたが、国会は桜騒動や補正予算審議にかまけて、挙句の果てにつまらないヤジを飛ばし陳謝。

 その間クルーズ船内に隔離された感染者は増え続けていました。しかしだとすると、クルーズ船で隔離しようという提案をしたのはいったい誰で、どういう過程でそれが決まったのかという事も気になります。

 てなことをちょっと怒りを持って考えながら、現状を見ると、もはや経路の分からない感染者が続出することは避けられそうもない。

 それに対する対策は、うがい、手洗い、部屋の換気だそうで、これまた医学の発達した現代社会が、昭和の時代に逆行したかのような印象です。

 まあ新型だからやむを得ないという事もありますが、それだったら1月に入ってすぐマスクやアルコール消毒薬の増産体制を整えたり、検査体制の充実を図っても良かったのではという気がします。

 というわけで、今日はちょっと怒りに任せてハワイとは関係ない話題を書いていますが、怒りを鎮めるためにいつものようにワイキキのライブ画像を見てみようと思います。

 シェラトンからの画像をみると、今日もワイキキは快晴。おだやかな波がビーチに押し寄せていて、多くの観光客が日光浴を楽しんでいるみたい。

 波は小さいので、サーファーは暇そう。風はそよ風程度。やはりこの景色を見るとなごみます。出来れば波の音が聞こえればもっといいのですが、これはちょっと不満です。


 

第3209回 アランチーノ・ディ・マーレが朝食新メニュー

  新型コロナウイルスによって、ついに国内でも亡くなられた方がいるというニュースを聞き愕然。この方は中国への渡航歴もないようで、こうなると感染経路が不明。

 そもそも最初に「武漢で謎の肺炎」という記事が流れたのが昨年12月です。しかし当初中国当局は、症状は軽い、治療に問題はないという姿勢で、結局1月になるまで現場の医療任せだったようです。

 ところが1月以降感染が拡大し、徐々に死亡者数が現れるようになって、ようやく武漢当局から中国中央に連絡が行ったようで、1月下旬にようやくツアー等が禁止され、本格的な対策が始まったと解釈しています。
 
 しかし12月から1月にかけて、中国の人たちは海外に自由に行けたわけで、その間に日本に来ていた人もいると思われます。さらに症状がなくても潜伏期間中に感染する恐れがあるなんて言う話もありますから、この間に日本人が知らずに感染している可能性もありそう。

 疑えばキリがないのですが、そう考えると日常生活の中にすでにウイルスが入り込んでいてもおかしくない。というわけで発想を変えて、自衛するしかない。
 
 そのためにどうするかと言えば、ここまでの情報を整理すると、現状では感染防止に対しては厳重な手洗い。万が一感染した場合に備えて免疫力アップを目指すという事しかなさそうです。
 
 しかしこんなことを考えていると憂鬱になるだけですね。というわけで、今日も最初にプリンセスカイウラニからのライブ画像を見ています。

 今日もワイキキは快晴。ビーチにも人が多い。風はそよ無程度。つまり暖かい?沖からは断続的に白く泡立った波が押し寄せていますので、ちょっとサーフィンには不向きなのかも。

日刊ローカルニュースより

 チャイナタウンの客数が減少しているという記事が出ています。新型コロナウイルスの影響が出ているのかなという気もします。しかしだとすると、ハワイでは感染者は確認されていませんので、今が利用のチャンスかもという気もします。

 またその右側の人気記事の欄に「アランチーノ・ディ・マーレ」が新しい朝食メニューという記事が出ていたのでこれもチェック。

 メニューが三つ紹介されていますが、最初のブレックファスト・アメリカ―ノ13.95ドルと最後のピザ窯パンケーキ11.95ドルというのがおいしそう。

 ちなみにこのお店、私の定宿?であるワイキキ・バニヤンから、朝の散歩でクヒオビーチに向かうとき必ず目にするお店です。オープンエアのお店(室内席もあります)で、朝のすがすがしいハワイの空気を感じながら朝食を楽しめます。

 店員さんも親切な人が多い印象。味も良いのですが、見た目も美しい料理が多い感じ。しかしその分値段はちょっと高め。とはいえ、ここで朝食を食べていると、「俺はハワイの店で朝食を食べているんだ」という気分にどっぷり浸ることができる店です。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール