HOME   »  ★★★旅行計画と記録★★★
Category | ★★★旅行計画と記録★★★

第2319回 ハワイでのんびりした時間を実感するとき

 帰国した直後は、「やはり日本は寒いなあ」と思っていたのですが、ここのところ急に暖かくなり、ファンヒーターを片付けたり、コートを片付けたりと、いろいろ忙しい思いをしています。

 それはそれでいいのですが、ハワイでは全く気にならなかった花粉が、日本は厳しい。もともと喘息もちなので、気管支が弱いのではと思っているのですが、日によっては外を少し歩くだけで息苦しくなってきます。そんな時、「ハワイだったらなあ」とつくづく思います。

 さてハワイ関連ニュースですが、ワイキキトロリーが新しくパープルラインを設定だそうです。パールハーバーやアロハスタジアム方面まで行くそうなので、本数は少ないものの利便性は高まります。行きはトロリー、帰りは2.5ドルのバスで帰ってくるというのも面白いと思います。 

 またレッドラインに、新しくホノルルコーヒーエクスペリエンスセンターと出雲大社の停留所が追加です。どちらもハワイの観光地としてはユニークな存在です。

 もし出雲大社に行くことがあったら、目の前の川を渡って、斜め右にある「香港ヌードルハウス」で、暖かい麺を食べてみてください。ここはいずれまたぜひ行きたと思っている店です。

 というわけで、今回の旅行はカリヒからカピオラニ公園あたりまでの区域内をバスを使ってウロウロするという旅行でした。そんな中、帰国後、「あ~日常生活と違ってのんびりできたな」と思う時間がいくつかありました。

 一つ目が、普段はほとんど外食をしないので、レストランでおいしいものを食べながら、本を読みアルコールを飲む時間。贅沢な時間だなと思います。

 二つ目が単に移動中に歩いている時。空を見上げて「きれいな青空だな」と思い、海を見て「いやあーやはり海はストレス解消に最高だ」と思うときです。

 そして今回新たに気が付いたこと。三つ目ですが、なかなか来ないバスをバス停で待っている時間。時にはイラつくこともあるように思えますが、なぜかハワイにいると15分待ちとか20分待ちが苦になりません。

 次のバスは何番かな?と思いつつ、期待を込めてバスの表示を見上げている時間。周りにもバス待ちの人がいますが、日本のように行列を作ってバスを待つという事はなく、人それぞれが勝手な場所で好きなことをやって待っています。

 そんな風景の中の一人として自分が存在するという感覚。しかもそのバス停に自分がいるということを知っている人は基本的に誰もいない。実に開放感あふれる時間なんだなと思いました。

 成田空港に到着した瞬間こういった気持ちを忘れてしまい、1分1秒を争って家路につくという気持ちになりますが、ハワイでのんびりした記憶だけは残っています。そしてそれがやがて次のハワイ行きを計画する原動力になっている気がします。



 

第2318回 グアバジャムがおいしいです、ただし持ち帰りは重量に注意

 昨日書いたグアバジャムを食べてみました。ストロベリージャムに比べて甘さが控えめで、若干酸っぱい。大人のジャムという感じです。

 私が買ったのは「ハワイアンサン」という会社の物ですが、日本では手に入りにくいようです。その意味では、朝食でパンを食べる人向けのお土産に良いのかもしれません。

ハワイアンサンのグアバジャム

 ただこのジャムにしろ、ハチミツ、コナコーヒーバターは、すべてガラスや陶器の容器入りなので、たくさん買うとかなり重くなりそうです。それぞれ1個が400~500gあります。という事は10個なら5kgということです。 (私は2個ずつ買いましたので3kgぐらい)

 ハワイアンコーヒーが200~250gぐらい。(6個買ったので1.5kgぐらい)定番の缶入りのマカデミアナッツが150gぐらい。(6缶入りなら箱も含めて1kgぐらい)(これは2個しか買いませんでした)

 そんなこんなで、行きのスーツケースの重量は13.8kgだったのに(空港のチェックインカウンターの数字をメモしています)、帰りは合計19kgぐらいまで増えていました。

 あらかじめスーツケース内にお土産用の予備のバッグを入れているので、それを活用し重さを分散させましたが、想像以上に増えるなあというのが実感です。

 さて久しぶりにハワイ旅行関連ニュースです。トライシーというサイトに「エクスペディアがGWの最新旅行トレンドを発表」という記事が出ています。

 日程によってはハワイ旅行もかなり得になるという内容ですが、場合によっては今からでも予約が出来そうな雰囲気です。ちなみに旅行先の人気ランキングは台北、バンコク、ソウル、オアフ島、香港というのがベスト5になっています。

 もう1点。Biglobeニュースで、日本の丸亀うどんがハワイで大人気という記事が出ています。今回の私の宿泊先はフェアウェイビラで、毎日のようにバスに乗って移動していましたが、そのたびにワイキキ店の混雑ぶりが目を惹きました。

 混雑する時間帯には、カラカウア通りで20mぐらい行列が出来ていたのではと思えます。人気の理由は、やはり第一に値段でしょうか。次が好みでおかずを選べること。そして欧米人が好きな、量が多いことでしょうか。

 私は我が家の近くにも店があるので、よほどのことがない限り、ハワイではあえて利用しようとは思いませんが、家族連れでハワイに行ったときなど、日本と同じように気軽に食べられるという点では便利だろうなと思います。

 ちなみにダウンタウンの店も見てきましたが、やはり昼食時は、現地で働いている人たちで大混雑していました。


 

第2317回 帰国時にスーツケースを開けられる可能性が高い?

 私がハワイ滞在中にベルギーでテロ騒動が持ち上がりました。当然ながらホノルル空港でも出国審査はかなり厳重に行われていたようで、X線検査後のボディチェックも頻繁に行われていた気がします。

 当然ながらこの傾向はしばらく続くと思いますが、これからゴールデンウイークを迎え、ハワイ入りを目指している方に一つだけお知らせしたいことがあります。

 それは帰国時にスーツケースを開けられる可能性が高まったように感じるという事です。

 帰国時のスーツケースの中に何を入れるかということですが、当然手荷物で持ち込めないような液体物はスーツケース内に入れることになります。

 私は今回「コナコーヒーバター」(5oz)を買いましたが、あらかじめ手荷物では持ち込めない(没収される)という警告を受けていましたので、スーツケース内に入れました。

 また、たまには違ったお土産も良いだろうと思い、KCCに行ったときハチミツを購入。これもスーツケースへ。さらに帰国間際に、いつも飲んでいるグアバネクターのことをふと思い出してグアバジャムというのをフードパントリーで購入。

 これもスーツケースへ。というわけで、いつもはコーヒーとチョコレートぐらいしか入れないスーツケースに、いくつか怪しげな液体物が入ることになりました。

 当然ながらX線検査をされれば何らかの液体物が入っているという事が分かります。その上、コンピューターやデジカメ、スマホ等の充電ケーブル類も重たいのでスーツケースに入れましたので、見方によっては怪しげな液体物とコード類が入っていることになります。

 というわけで、冒頭のテロ騒動のこともあり、「不審物がある」と判断されたようで、TSAロック形式のスーツケースですが、空港で解錠されたようです。

 現金やその他の貴重品は入れていないし不審物も入れていませんので私自身はあまり気にしていませんが、今回帰国後にスーツケースを開けたら「NOTICE OF BAGGAGE INSPECTION」という縦長の白い紙が入っていました。

 英語で書かれているので、解読するのは面倒ですが、要するに不審物の可能性があるので鍵を開けてチェックした。何か内容物に問題があった場合は以下に連絡を」という用紙です。

 というわけで、これから出かける方は、帰国時スーツケースが開けられることを見越してパッキングをしたほうが良さそうです。つまり当たり前ですが貴重品は入れないという事です。

 それ以外にも見られたら嫌だなと思える下着類や汚れものは、多少工夫して詰め込んだ方が良いと思います。



 

第2316回 3月のハワイ一人旅で感じたこと

 今回のハワイ旅行は前半5日間ぐらいが妙に涼しくて、ここは本当にハワイかと思えるほどでした。また一方でハワイらしい風がかなり強く吹いていました。

 しかし後半になると、今度は風が弱まり、蒸し暑さが増しました。まあたまたまだと思いますが、これまたハワイらしからぬ蒸し暑さだなと感じました。

 それでも成田空港到着後は、「やっぱり日本は寒いなあ。ずっとハワイに滞在できれば健康には良さそうだ」と思いました。しかし一方で、今回も諸物価高騰を実感しましたので、中長期滞在は私の財力では今後も不可能だなと感じました。

 さらに言えば、すでに書いたかもしれませんが、一人旅で10日を越えて同じような場所に滞在していると、ハワイの場合は飽きが来るなとも感じました。

 サーフィンをやったり、レンタカーを使ってオアフ島の隅々まで動き回ればまた違うのだと思いますが、そうするとレンタカー代が必要になりますので、限られた予算で旅行を考えると、必然的にそれ以外の部分の経費を削る必要があります。

 今回はそういったことを考慮して、あえてレンタカーは使わずに、その分多少高級な?レストランでの食事をしようと思っていました。しかし結果的には、プレートランチですら10ドルを越えてしまうので、正直なところ散財することに恐怖を感じました。

 まあ1回や2回のハワイ旅行なら多少豪勢にという事も考えられますが、今後もまた行きたくなるだろうと考えると、年金暮らしになると、どうしても予算をきちんと考えないといけないなと思えます。

 またこれも以前書きましたが、ハワイでは店で働いている従業員さんが毎日のように入れ替わりますので、バンコク旅行で感じるようななじみの店ができにくいなと思えます。

 なじみの従業員さんが一人でもいれば、そこで英語の勉強もかねて少しは寛げるはずです。しかし初対面でも全く気にしないであけっぴろげでコミュニケーションをとる欧米人と比べると、シャイで英語が苦手な日本人(私)は、なじみの店というのが作りにくいです。
 
 とはいうものの、メインサイトの旅行記を書き終わる時期になると、「さて次はいつ行こうか?」とそわそわし始めるんだろうなとは思います。

 なお今回もずいぶんあちらこちらフラフラとさまよい歩きましたが、経営不振や賃貸料契約の更新が出来ず、クローズしているお店が目につき始めました。

 日本では次々と新しい店のオープンが知らされていますが、当然その裏では既存の店がクローズしていることが多いです。旅行者が宿泊費や物価の高騰を実感しているという事は、経営者も同様で、なんだか危ういバランスでハワイ人気が保たれているという印象を受けました。

 また中国系の人たちの声がワイキキのあちこちで聞こえます。フリーペーパーにも中国系の物やハングル文字の物が増え、スペイン語系や日本語系が減ったように思います。

 さてどうなるか?私には宿泊費の高騰から考えて、いまままさにハワイの景気はピークを迎え、今後何らかのきっかけで、予想外のことが起きるような気がしてしょうがないです。しかしそれが何か、そしていつになるのかはさっぱり分かりません。



 

第2315回 昨日無事帰国しました

 夢のような?11泊13日ハワイ一人旅を終え、昨晩無事家に帰ってきました。旅行一か月ちょっと前に手術をするという経験をしたので、今回はあまりハイキングとかはできないなと思いつつ、結果的に毎日かなり歩き回っていました。

 昨日はホノルル空港のラウンジを出て、指定されたゲートに向かうと、珍しく中央の一番先端のゲートでした。いつもは欧米行きの飛行機が多数発着している場所です。

 ゲートに到着すると同時に搭乗が始まり、適当な時間を見計らって乗り込むと、予定通り隣には誰もいませんでした。ただ周囲はほとんど満席でしたから、かなり優遇されたように思います。

 出発時間は定刻より15~20分ぐらい遅れたような気がします。離陸はスムースでしたが、昨日はジェット気流の流れが早かったのか、結構「タービュランスに入ります」というアナウンスが頻繁に流れました。

 最初の機内食も途中でサービスが中断。再開後も小刻みな揺れが続くので、ビールのカップを持ったままの食事となりました。機内食は「豚丼」を選択。ちょっと甘めの味付けで、肉が少ないのですが、まあ我慢できます。

チャイナエアラインの機内食「豚丼」

 映画を適当に見たり、途中うたた寝をしたりしましたが、結局飛行時間は8時間半かかりました。しかし途中トイレに行ったのですが、私の前に使っていた女性の利用法が無茶苦茶。

 飛行機に乗ったことがないのかもしれませんが、水を流してないので、ペーパーがそのまま。一瞬わが目を疑って、水が流れない故障かと思いましたが、スイッチを押すと流れましたので、要するにスイッチの場所が分からなかったようです。

 しかもこのトイレは車いす用のちょっと広いトイレで、通常のドア以外に、車いす用に拡張できるドアがついているのですが、どうやらそちらのレバーを無理やり動かして外に出ようとしたようで、ドアがきちんと閉まらなくなってしまっています。

 なんだか逃げるように出ていったなという感覚はあったのですが、ひどすぎます。照明が落とされた後だったので、顔つきは不明ですが、アジア系の女性だったことは間違いないようです。

 ただ確かにトイレの水洗のスイッチは分かりにくいですね。「Flash」と書かれた部分を押すだけですが、「Flow」とか「Wash」とは書かれていませんので、慣れていない人は迷うかもしれません。

 成田到着は4時半ごろ。入国審査はすぐに通過でき、スーツケースもすぐに出てきましたが、到着ロビーがごった返しているのにびっくり。どうやら春休みの最初のラッシュだったようです。

 コートを返却してもらうだけなのに、並ばなくてはなりませんでした。しかも並んでいるうちに、最寄り駅の行きのリムジンバスが出発してしまい、空港で1時間以上待機です。

 アメックスのカードを使って、スーツケースを送り電車で帰っても良かったのですが、スーツケースの宅配は50人ぐらい並んでいて、これも断念。なかなか混雑時の帰国は大変です。

 しかし今回は息子が免許をとっていたので駅まで車で迎えに来てくれ、タクシーを使わずに済んだことが収穫です。明日は日曜なので更新を休んで、月曜から思ったことなどいろいろ書きたいと思います。


 

第2314回 ホノルル空港のラウンジで書いています

 おはようございます。帰国日です。チャイナのラウンジでこれを書いています。昨日午後は昼寝をした後パッキング。その後、青空がきれいだったので、今回の旅行の見納めだと思いアラモアナビーチパークでサンセット見学。

 その後相性が良いケアモク通りの「めんちゃん亭」で夕食。ビールと焼酎、つまみは揚げ出し豆腐、砂肝から揚げ、最後に明太子ライスで終了。チップ込みで35ドルぐらい。

 帰ってきたのは8時半ぐらいで、風呂に入ってちょっと詰め込みをしていたら寝る時間です。今日はやはり気持ちが高ぶっていたのか6時に目が覚めました。

 最後のパッキングをして、7時ちょっと前に最後のビーチを見学後、朝食の場所の探索へ。どこで食べようか悩んだ末、カラカウア通りの「チーズバーガー・パラダイス」?(ちょっと名前が不安ですが)と言う通りの角にあるオープンエアの店へ。

 ここの店頭に朝食スペシャル7.99ドルというものを発見したからです。店頭に表示されている通常のメニューには出ていないような気がします。

 内容はトースト、卵料理、ハッシュドポテト、小さなパイナップルにコーヒーが付いたものですが、私にはちょうど良い量でした。周りは欧米人が多いようでしたが、この料理を頼んでいる人も多かったです。

 通常の10ドル以上する料理を食べている人もいましたが、見るからに量が多そうです。ここは一人で利用してる人も見かけたので、今後もこのメニューがあれば、朝食レストランとして結構使えそうです。もう少し早く気が付けばよかったです。

 ちなみにすぐそばにあるエッグスンですが、6時40分ぐらいに見たときは、すでに入口から10mぐらい行列ができていました。びっくりです。

 部屋に戻って最後の点検をして、8時55分に退出。いつも思うことですが、鍵を閉めるときに、もう2度とこの部屋に入れないという不安を感じます。(鍵を部屋に残すので)

 ロバーツシャトルは9時5分の約束でしたが、10分位に到着。私が一人目。その後アイランドコロニー、ヒルトンを回って総勢7人ぐらいとなり、ニミッツを通って空港へ。

 チェックインカウンターはすでに長蛇の列でしたが、ゴールドメンバーなのでビジネスクラスのカウンターでチェックイン。ついでに出国審査もゴールドレーンとなり、約5分で通過。助かりました。

 普通のエコノミーだとチェックインに30分、出国審査(手荷物検査)に20分以上かかったと思われます。つまりチャイナのエコノミーの場合、空港到着後出発ロビーに入るまでに最低1時間程度の時間を見ておかないといけないようです。

 ちなみに今回も座席は、隣はいません、ということでした。もしかしたらゴールドメンバーでシニアになっているということが考慮されているのかなと言う気もします。(単に空いているだけかもしれませんが)
 

 

第2313回 青空に誘われてカカアコを散策

 明日が帰国日です。訂正が一つ。昨日書いた記事で、居酒屋さんをのん兵衛としていましたが、とっくり亭の間違いでした。申し訳ないです。

 今日は朝6時半に起きたら青空が広がっていたので、いつものクヒオ堤防までウォーキング。ついでに朝食はルルズワイキキで、卵と豆腐とトマト、チーズ、タマネギ、ほうれん草が入ったごちゃ混ぜ料理を食べてきました。

 洋風チャンプルみたいな感じで、野菜不足には良いと思いましたが、味はおおざっぱ。まあハワイなので、こんなもんかなと言う感じです。

 しかし行きつけだったケオニが閉店し、ビーチ際のアイランドグリルも閉店となり、朝食を外で食べようとすると選択肢が減ったなと感じます。

 コーヒービーンやアロハセンターカフェ、スタバと言ったカフェで朝食も良いのですが、クロワッサン1個が5~8ドルと表示されているので、がっくりします。

 残るのはいやす夢やMeBBQですが、いつも同じではなあと悩みます。とはいうものの上記のルルズもそうですが、いわゆるレストランとなると、料理が安くて8ドルぐらい、コーヒーをつけて12ドル前後ですから、中長期滞在の朝食は自炊に限るなと感じます。

 食後は青空に誘われて、カカアコの堤防へ。午前中は光の関係でワイキキ方面の景色が逆光になり、あまり良い写真が取れないのですが、沖合の海の青と空の青のコントラストが美しい公園です。

 その後再びバスに乗りチャイナタウンへ。今回はチャイナタウンをうろつく回数が多いです。これまでと同じ店では芸がないと思ったので、前回利用した香港ヌードルハウスの並びにあった「フック・ラム」という店へ。

 入店して窓際の席に座ると、すぐに次々と点心類を見せられます。周りは中国系の人で混雑していましたが、日本語と英語もそこそこ聞こえました。

 料理は店の前に貼ってあったメニューで、「魚のお粥」と決めていたので、肉シューマイをひとつもらいました。 その間にも次から次へと料理を見せられます。

 しかし、お粥を食べ始めると、特に点心類のアピールがなくなったので、要するにこういった点心類を前菜として、メインの料理を食べるという形なのかなと思いました。

 しかし一人で3~5皿頼んで、箱に入れて持ちかえっている人もいましたから、昼食ついでに、夕食用のおかずにするのもよさそうです。

 お粥の方も満足できる味で、ここもなかなか良いなと思いました。チャイナタウンには、まだまだおいしい店がいっぱいいありそうです。

 帰国日が明日になり、先日は飽きてきたと書きましたが、逆に今日になったら、「もう少し長くても良かったかな」と複雑な心境です。

 ちなみに昨日はワードで映画を見て、夕食は「舞」で食べました。

 
 

 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール