HOME   »  ★★★旅行計画★★★
Category | ★★★旅行計画★★★

第3283回 ハワイも日本も観光業再開を望んでいるようですが・・・

 今日の埼玉は曇りがちなものの湿度は低くなったようで割と爽やか。ただ新型コロナは乾燥に強いと私は勝手に信じているので、あまり乾燥してもなあという気はしています。

 とはいえ湿度の低いハワイでは感染拡大が抑え込まれていますから湿度だけが感染拡大の要件ではなさそう。その意味では以前から書いていますが、貿易風が常に吹いているハワイの大気や、さんさんと降り注ぐ太陽光に含まれる紫外線の効果も大きいのではと思っています。

 プリンセスカイウラニからのワイキキの海の様子を見ると、今日は晴れ。風は少し吹いているようですが波は低く、50人ぐらいいるサーファーは波待ち体勢。クヒオビーチの人影も少ない。カラカウア通りを歩いている人はほとんどいません。

 ヒルトンハワイアンビレッジからのライブ映像でもビーチにいる人は少ないので、まだまだ14日間の自主隔離の影響は大きいのかも。

スターアドバタイザーの記事より

 ハワイの新型コロナウイルス新規感染者数は1名増加の644名。新規感染者はハワイ島で発生したようで、オアフ島はなし。このところちょっとハワイ島の感染者が増えているような気もします。

ハワイアンタウンズより

 スターアドバタイザーにも、ハワイのバケーションレンタルが苦境に陥っている記事が掲載されていました。宿泊客がいないので当然かと思いますが、日本同様そういった経済状況を打開するために旅行・観光業の再開を願う人もいるみたい。

 ハワイ州のジョシュ・グリーン副知事が、旅行・観光業を再開したいと考えている記事が出ています。再開に当たっては感染拡大を抑制することに成功している日本、ニュージーランド、オーストラリアを候補と考えているようで、これは朗報。

 とはいえニュージーランドに比べると、日本の現状はまだちょっと危なっかしい気もします。しかしハワイから見れば、メインランドの感染者数はいまだに拡大が続いていますから、むしろ日本からの観光客の方が安心なのかもしれません。

 しかし実際に再開となるといくつかのハードルも予想できます。すなわち出発前に日本国内で検査を受けて陰性証明みたいなものを取得する必要がある、という条件を付けられれば、現在の日本の医療事情では不可能のような気もします。

 さらにハワイ側でも、到着後14日間の自主隔離処置を解除しないと、日本からの短期旅行者を呼び込むことは不可能。てなことを考えると、まだまだハワイ旅行再開へのハードルは高そうです。

allhawaiiより

 ハワイ島ヒロで有名なコキガエルの鳴き声を聞くことができます。私もハワイ島ヒロに滞在した時、実際に夜になると部屋の外から聞こえてくるこの声を聴きましたが、まさにこんな感じ。

 ちょっと聞くと、夜に鳥が鳴くのか、と思いますが、これは小さなカエルの声。ただしその数が多い。どうやら現地ではある種の騒音公害になっているようですが、たまに聞く分にはいいかも。



 

第3282回 飛行機を使った旅行は、今後大きく変貌?

 埼玉は朝方薄曇りでしたが、今は晴れてきたみたい。今日はブログの更新作業が終了したら市民農園に行って、大きくなっている新玉ねぎの一部を収穫する予定。

 数日乾燥させて、その後はマグロやカツオのブツと混ぜて、新玉ねぎのポケを作るつもり。昨年も作りましたが、新玉ねぎだと甘みもあって、味が全然違います。

 プリンセスカイウラニからのライブカメラを見ると、今日のワイキキは曇り。波はいつもより少し高い。サーファーは50人ぐらい。風はほとんどないものの、ビーチの人影は少ないのでちょっと涼しいのかも。 

スターアドバタイザーの記事より

 ハワイの新型コロナウイルス新規感染者数は0名で三日連続。 島内での感染者拡大は完全に抑え込まれた感じ。

 ただ私がハワイ同様に好きなタイでは、海外から帰国するタイ人の中に感染者が見つかるケースが続いているとのことで、以前のような国際的な交流を復活させるのはまだまだハードルが高そう。

 とはいえ、ハワイはすでにメインランドとの国内線を運航しているようで、連日250~350名ぐらいの旅行者が来ているようです。またメインランドから戻ってくるハワイの住人がやはり300~400名ぐらいいるみたい。人数が多いのでちょっと不思議な気もします。

 ちなみにタイ関連のブログを更新していた時、今後の航空産業について書かれていたページを発見。これまでの航空業界は、ビジネスクラスやファーストクラスを除いて、如何に効率的に多数の人数を運ぶかという事に力点が置かれていました。
 
 しかしソーシャルディスタンスの徹底が叫ばれるようになれば、当然3列や4列の横並び席は採用できないということになりそう。

 すでに映画館でも取り組みが始まっていますが、一つずつ席を開けて着席が推奨?という事は、旅行客にとっては、エコノミー席でもゆったり旅行が出来そうですが、当然航空会社の採算は悪化。

 それを避けるためには、エコノミー席ではこれまでより1.5~2倍くらいの運賃設定もありそう。それを避けるために座席配置の工夫や座席間のビニールシートの設置も検討されているようです。

 同時にマスク着用も義務付けられ、搭乗前の体温チェックやアルコール消毒も必要になり、機内食の配膳も極力減らすということになりそう。

 機内ではフェースマスクやマスクをして、防護服を兼ねたような服装のフライトアテンダントが動き回り、乗客がトイレに行くときも迂闊に背もたれを触れず、天井に収納した荷物の出し入れにも、開け閉めの際に触れるレバーを気にすることになりそう。

 さらに乗客はくしゃみや咳払いも迂闊に出来ず、大声の会話も不可。ひたすら静かに無言の行。

 というわけで、これまでの旅行とは雰囲気が全く異なった空間が出現?そうまでして旅行に行くのか?と考えて、旅行そのものを諦める人も出現?となると、今度は航空会社が破綻?なんだか想像を絶する旅行になりそうな気配です。


 

第3280回 グーグルストリートビューで世界中を仮想旅行

  割と穏やかな天気の土日でした。埼玉は外出自粛規制が続いているので、ブログの更新や市民農園での除草、ついでに周辺を散歩、必要に応じて買い物という生活が続いています。

 しかし大多数の人の努力の甲斐があったのか、今日の夕方緊急事態宣言が解除される見通しになってきました。私自身、今年の初めから、最初は花粉対策、のちにコロナ対策としてマスクを装着してきましたが、最近はすぐ近くに出かけるときマスクをし忘れていることが増えています。

 道行く人の中にも、すでにマスクをしていない人も目立ち始め、感染者数が減少している現在良いことなんだろうと思う反面、気持ちが緩んで二次感染が増えるのではという不安も感じています。

 さてハワイの現状はどうかな?とモアナサーフライダーから空港側のビーチを見ると・・・びっくり。大勢の人がいます。天気は晴れで、風も吹いています。

 ハワイらしい天気で、ビーチに多数の人がいる様子はいかにもハワイ。なんかちょっと感動です。ちなみにこのサーフライダーからのカメラは、現在固定カメラとなっていてコントロールが不可です。

 というわけで、今度はプリンセスカイウラニからの画像を見ると、まず沖合のサーファーが多さが目立ちます。ざっと見て100人以上?

 波は穏やかですが、時折サーフィン向きの波が来るみたいで、一斉に波に乗る姿も、やはり何か感動的。この数か月ほとんど見かけなかった光景です。

 考えてみれば、今は現地時間で日曜日の午後3時ですから、地元の人が大勢繰り出しているのかもしれません。ただしカラカウア通りを歩く人の姿は少ないみたいです。

スターアドバタイザーの記事より

 新型コロナウイルスの感染拡大で入国制限が実際されているハワイですが、土曜日に到着した観光客が自主規制後最大人数になったという記事が出ています。

 といってもその数は384名。これまでは木曜日が最高だったようで363名。ちなみに規制そのものは6月いっぱいまで継続中で、たとえハワイに到着しても14日間の隔離になりそう。

 一方日本は本日ようやく緊急事態宣言が解除される予定ですが、6月いっぱいは国際便は運行しないみたい。では7月ならどうかと考えると、どうや運行再開になったとしても、最初はビジネス客に限られるみたい。

 その動向と二次感染拡大の様子を見てから、一般旅行客まで解除するかどうかの検討が行われることになりますから、そうなるとお盆の時期の旅行は微妙だなと私は思っています。

ニコニコニュースより

 自分だけの妄想ハワイプランという記事が出ています。普段、もしハワイに行ったらあそこに行って、あれを食べて、こんなことをしようと考えている人も多いと思いますが、まあそれをどんどん具体化しようということのようです。

 ちなみに私は時間があると、グーグルマップのストリートビューを楽しんでいます。かつて行ったことがある通りのストリートビューを見ながら、そういえばここではこんなことがあったなと考えていると、時間の経過を忘れています。

 右下の人型マークを地図上に落とせば、居ながらにしてハワイのウォーキングを楽しめます。今ちょっと再開されたマカプウトレイルの画像を見ているのですが、このトレイルで頂上までの画像を楽しめます。

 操作に慣れてくると世界中の有名観光地の画像が気軽に楽しめます。




 

第3271回 ハワイの旅行業再開は、早くて7月末?

 最近我が家の近くにあるTUTAYAさんに行ったら、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、店内で過ごす時間は15分以内を目標にという掲示が出ていて、本屋さん内をウロウロするのが好きだった私はがっくり。

 さらに、本屋さんに行くたびに旅行関連のコーナーへ行くのですが、最近はそういったコーナーでガイドブックを見ている人がほとんどいなくなってしまいました。

 まあ我慢するしかないなと思っていますが、旅行業関連の仕事をしている人の収入はほとんどなくなってしまったと思われます。

 早く規制が解除され、自由に動き回れる日が1日も早く来ることを願っていますが、解除を焦ると再び感染拡大になる例も多いように思われ、タイミングが難しいなとも感じています。

スターアドバタイザーの記事より

 ハワイの新型コロナ感染者数は、昨日より2名増の634名。2名ともオアフ島で発生。ただし軽症のようで入院はしていないみたい。リンク先ページの下部に新規感染者数のグラフが出ていますが、4/20以降感染者ががくんと減少。

 とはいえ、それから3週間が経過した今でも、ポツリポツリと感染者が現れる現状を見ると、封じ込めの難しさを感じます。さらにその下の入院患者の年齢別内訳のグラフも出ていますが、やはり60歳以上が重症化しやすいようです。

Forbesより

 ハワイでの感染者数が減少したことにより、観光業再開への要望も強くなっているようです。では、今後の見通しはどうなっているのか?

 Forbesのページには、「本格的再開は7月末か」という記事が出ています。ハワイではすでに一部の業種の業務再開やビーチの利用も許可されるようになっていますが、すでにハワイ入りした旅行者の中には14日間の隔離処置前に出歩く人もいるようで、逮捕者もいると書かれています。

 とはいえ、一方で旅行関連の仕事をしていた人が経済的に困窮する例も多いようで、記事には24万人が失業と書かれていて、これは労働人口の37%に相当するとも書かれています。

 結局日本もそうですが、感染拡大のリスクと倒産、失業による経済損失リスクを秤にかける必要があり、人の命が絡むだけに大問題。

 ハワイ大学の予測では、観光業の再開は早くても7月末と書かれていますが、中国や韓国の現状を見ると、急激な感染拡大が収まっても、そこから数か月は小規模の感染が続くように見えます。

 という事は、たとえハワイが観光業を再開しても、日本が終息していない可能性も大きそう。8月のお盆の時期に、1年前から旅行を計画していた人も多いと思われますが、悩みますね。

 個人的にはどんなに早くても年末かなと思っていますが、寒い時期になると、再びウイルスの活動が活発になるかもしれないとも思え、判断が難しいです。

 ちなみにワイキキのライブカメラが一部復活しているみたいです。久しぶりにワイキキビーチの様子を見ることができました。



 

第3261回 年末にはハワイに行ける?

  今日の埼玉は、午前中は天気が良さそう。昨日は昼頃から雨が降り始め、結局私はスーパーに出かけた以外、ほぼ1日中家にいました。

 しかしこれを繰り返していると間違いなく運動不足になりそう。テレビをユーチューブに接続して、高齢者向けストレッチや体操もやってみたりしましたが、15分ぐらいで飽きてしまいます。

 やはり人のいない場所を選んで、近所を歩き回るのが一番だなと思えます。

スターアドバタイザーの記事より
 
 ハワイの新型コロナ感染者数は昨日より1名だけ増加。607名になったそうで、亡くなられた方は16名という事で約2.7%。さらに回復された方は493名で感染した人に占める割合は81.2%。

 日本の場合はこの数字が現時点で21.7%ですから、ハワイの場合は驚異的。同じようなことがハワイ同様に好きなタイでも起きていて、タイの場合は亡くなられた方の割合が1.8%ぐらい。

 回復した方の割合はなんと89%。いったいなんでこんなに違うんだ?と、日本とハワイ、タイの違いを考えるわけですが、すぐに気が付くのが気温の違い。

 実際ヨーロッパでも、気温の低い国で感染が拡大する傾向が強い。またこの二つの国は、今の時期は太陽が真上に近い場所から照り付けるので、紫外線照射量も多そうです。

 さらに、タイに行くときいつも乗り継ぎで利用する台湾も、封じ込めに成功しつつある。台湾の桃園空港で乗り換えるときいつも感じるのは、ちょっと曇りがちの天気と湿度。

 その意味では台湾の場合は、気象条件だけに注目すると湿度が高い方が良いように思えます。しかしそうなるとハワイは湿度が低いので、湿度だけでは決まらない部分もありそうで悩みます。

トラベルビジョンより

 航空業界は窮地に陥っているようですが、旅行に行きたくても行けない現状はいかんともしがたいです。そんな中、JALの子会社であるZIPAIRが2020年の冬ダイヤに向けたハワイ線就航の事業許可を申請したという記事が出ています。

 どうやらデイリー運航を予定しているようで、運賃の高さに悩んでいる人には、許可されれば朗報になるかも。ただこれを実現させるためには、1日でも早く日本が終息に向かう必要がありそう。

 ゴールデンウイーク期間中にハワイに行こうと思い、昨年から予約をしていたい人も多いはずですが、当然ながら旅行は不可。ただ航空会社が冬の運航許可を申請という事は、その頃には日本の感染拡大も終息に向かっているはず、と航空会社が判断したとも言えそう。

 というわけで、ここ1~2週間はとにかく我慢。来るべき旅行に備えて、室内でスーツケースの点検、確認等を行うのも良いかもしれません。


 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール