HOME   »  ★★★旅行計画と記録★★★  »  第1064回 今年の旅行の感想(値上げ、交通関係)

第1064回 今年の旅行の感想(値上げ、交通関係)

 JALが10月以降のサーチャージを発表しました。ハワイ線はANAと同じで片道13500円で、これまでの15000円より、往復で3000円安くなりました。しかし前にも書いたように、どうもこのサーチャージの決め方には疑問というか不満を感じます。

 チャイナ以外、何故同じ価格なのか。「同じ距離飛ぶんだから」という理由でしょうか?だとすれば運賃も同じになりそうなものです。運賃は競争してサーチャージは協定?というのも違和感があります。

 調べてみると、ジェット燃料の市場価格が元になっていて、二国間の(ハワイの場合は日本とアメリカ)協定で決められるとありますから、これが根拠になって統一料金になっているようです。

 しかし、であるなら、わざわざ航空会社別に発表する必要はないようにも思います。航空会社別に発表していると言うことは、それぞれ独自に料金を設定していると言うことですから、差がでてもおかしくないように思います。どうも不思議な料金です。

 さて今年のハワイで気がついたことをもう少し。

⑤ レストラン、ファーストフードの値上がり

 すでに書いていますが、昨年に比べて1割ぐらい値上がりしている感じでした。ハワイ観光客の消費額が増えたというニュースがありましたが、実は昨年と同じものを食べていても消費額は1割上がるということになります。

 観光客の場合は、5日から一ヶ月ぐらいそこに滞在して帰りますので、「また物価があっがっちゃったか」ですみますが、地元で生活している人は大変だと思います。

⑥ スピーディーシャトル

 これもすでに書いていますが、空港とワイキキ間の公的?な送迎サービスが、「ロバーツ」から「スピーディー・シャトル」に変更になりました。料金も値上がりして片道20ドル弱に。

 その後ロバーツは予約で運行しているという情報を頂きましたので、いま改めて調べてみるとロバーツのホームページを発見。ここから予約でき、料金も片道12ドル、往復20ドルと安いですね。

 他にもいろいろな会社があるみたいなので、これからはフライトが決定した時点で、シャトルの予約も行った方が節約のためにも良いのかもしれません。今後の課題です。

⑦ ワイキキ滞在中の交通手段(トロリー)

 これまではJTBのオリオリに始まり、そこにHISのレアレアが加わった形でしたが、今年はknt(近畿日本ツーリスト)のライライ、と何だか似たような語感のトロリーがやたら走り回っていました。

 ただし乗客は私の見た感じ、オリオリとレアレアは拮抗、後発のkntが苦戦という状態。特にオリオリは、新しく鯨の形を真似たようなバスのようなものを導入し、子連れに受けがよいように見えました。

 JCBトロリーは、これまでと違い欧米人が乗る姿が増えました。JCBブランドが徐々に欧米に浸透しているのかなと思いますが、その分乗客も増え、常に立っている乗客がいる状態で運行。カーブで乗客が落ちた事もありますので、子連れは注意が必要です。

 またその煽りか、宣伝の効果か分かりませんが、JCBプラザがいつになく大混雑。座る席もないという様子で、カウンターのお姉さん方も忙しそうでした。  
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール