HOME   »  ★★★資金計画★★★  »  第1193回 急激な円安で夏の旅費が不安

第1193回 急激な円安で夏の旅費が不安

 連日「この冬一番の寒さが来ます」という予報が続きましたが、確かに今日の朝は寒いです。朝7時に起きてファンヒーターをつけたら1℃。タイマーで余熱をしておけばいいのですが、日曜なのでいつ起きるかも分からないし、灯油代がもったいない。

 というわけで急いでファンヒーターとエアコンを同時に動かし、なんとか朝食を食べ終え、今パソコン前に落ち着きました。出来れば年末から3月中旬ぐらいまではハワイで過ごし、この寒さから逃れたいと思うのですが、果たして実現可能か?最近はバンコクにもはまっているので、冬はバンコク、夏はハワイもいいなと考えています。

 スターアドバタイザーの記事ですが、週末の日曜は強風と雨が予想されているみたいで、すでに強風は樹木をなぎ倒したり、ゴルフト-ナメントが延期になるなどの影響が出ています。

 さて今年もなんとかハワイに行こうと思っているのですが、気になるのは急激な円安。すでに一番円が強かったときに較べると1割以上円安になっています。

 ということは現地で使うドル建てのお金を、日本で両替すると、日本の銀行では片道の手数料を3円ぐらいとりますので、現時点では91円をこえてしまいます。

 私の場合は、昨年の夏に、円高だなと思ったので2週間の生活費1回分ぐらいをセントラル・パシフィック・バンクに預金しましたので、今年の生活費はそれでまかなえるかなと思っています。

 しかし宿泊費と、今年は行けたら久しぶりにレンタカーを使ってみようと思っていたので、この代金がもろに影響を受けます。

 改めて昨年のバニヤンの宿泊費を見ているのですが、2週間(14泊)の滞在で宿泊費は1泊が110ドルだったので

110*14+税金分14%+クリーニング代100=1855ドルでした。これをクレジットカードで1月に予約金、6月に残りの全額を支払ったと思います。両者の平均レートは79円ぐらいですから、実際には81円ぐらいの換算で支払ったはずです。つまり15万円ぐらいです。

 しかしこれを現在のレート88円で計算するとカードのレートを90円として16.7万円となり、1.7万円増えることになります。さすがに大きいですね。

 こうなってくると、ちょっとした両替にも神経を使わなくてはいけないと思いますが、散々書いているように日本国内の銀行のレートは+3円ぐらい上乗せされるので、一番両替率が悪いです。

 現金が必要な場合は、ホノルル空港からワイキキまでの交通費程度を両替し、後は現地で両替が良さそうです。またクレジットカードも換算率は銀行より良いと思いますので、有効活用すべきです。

 ただしクレジットカードで一括支払いにしていない場合は、利息が付くので結局損するかもしれません。

 それにしても現状が88円。ニッサンのゴーン社長は100円が適正なんてことを言っていますから、それを信じる人は、今両替をしておけば、夏には100円になっていてもニコニコ顔で旅行に行けるかも知れません。

 逆に余りに急激な円安を嫌って、突然反転して85円ぐらいまで下がると、損することになります。どうもこの為替の変動だけは、予測が出来ませんので、対処が難しいです。

関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール