HOME   »  ★★★宿泊★★★  »  第1197回 ハレクラニの思い出

第1197回 ハレクラニの思い出

スターアドバタイザーの記事より

 地元では有名なサーファーだったワイマナロに住む44歳の男性が、「ベビー・マカプウ」として知られるシーライフパーク沖のサーフポイントで波に引きずり込まれ亡くなられたようです。

 当時の波の高さがどのくらいあったか分かりませんが、高波注意報が出されています。ベテランの元気なサーファーであっても、何が起きるか分からないと言うことだと思います。

 パシフィックビジネスニュースというサイトで、ハレクラニの「ラ・メール」がハワイのレストランのトップ10に入ったという記事があります。食べ物もサービスも飾り付けもさらに価格までが高得点を得たと言うことのようです。   

 私は新婚旅行でここを利用しましたが、わざわざこの店に行くために、日本からワイシャツ、ブレザーと革靴、ネクタイを持参しました。重かったです。(行くときからすでにスーツケースは様々な余計な物で埋まり30kg近くあったと思います)

 ドレスコードがある店だと聞いていましたが、ドレスコードがどの程度の基準かも分からなかったので、ともかくまともな服装をしようという一念でした。

 今なら長ズボンに、レインズのアロハを着て、靴はスニーカーではちょっと恥ずかしいので、トラベルシューズのようなものを履いて行くだろうなと思いますが、どうも今後はその機会はなさそうです。

 なんだか懐かしくなったので久しぶりにハレクラニのホームページを検索してみると、日本語ページもかなり充実していますね。早速ダイニングのページを見てみました。

 「ラ・メール」には「バー」も新しくできたようです。ドレスコードがあるのと、8歳未満の子どもの利用は不可です。それだけ雰囲気を重視すると言うことだと思います。

 コースメニューは、3品を選ぶものが110ドル、4品が145ドル、さらにその上に175ドルのコースがあります。私が利用したときのコースの最低料金は60ドルぐらいだったでしょうか。円安時代ですから実際には7000円から8000円です。

 今は為替を90円として110ドルなら10000円。利用したのは20年ぐらい前ですから、100ドル以上とは高すぎると感じるかも知れませんが、高級レストランとしては良心的な値段設定なのかも知れません。

 当時は初めてのハワイでしかも新婚旅行だったのでこの店を利用したわけですが、余りの優雅な雰囲気に、それだけで気持ちが高揚した記憶があります。ただ英語もYes、No、Thank youぐらいしか口に出せなかった頃なので、お店を使いこなせたとは到底言い難いと思えます。

 最初にシャンパンが無料で振る舞われましたが、もうそのへんから緊張と昂揚感でしどろもどろで、今思い出すと、お店の人は丁寧に接してくれましたが、陰では初心者だなと苦笑いしていたかも知れません。

 しかしそういった昂揚感や当時訪れた場所のあちこちでの好印象が積み重なってハワイ好きになっていったのだと思います。 当時はロクに英語をしゃべることが出来ないのに、あちこち好奇心だけで出かけたこともよい思い出です。
 
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール