HOME   »  ★★★宿泊★★★  »  第1204回 ワイキキ・バニヤンに低価格で宿泊するには

第1204回 ワイキキ・バニヤンに低価格で宿泊するには

スターアドバタイザーの記事より

 カカアコに新しく建設される「 Hale­kau­wila Place 」というコンドミニアム?の建設が、4年遅れでようやく始まったそうです。19階で204室が出来るみたいですが、大部分は中低所得者向けの部屋になるとのことで注目を浴びています。

 ハナウマ湾の閉鎖は解除されましたが、高波と低温乾燥状態が依然として続いているようです。火事も起きているので、コンドミニアム生活は注意が必要かもしれません。波は10mぐらいありそうです。

 日本でも寒さが厳しくなり、学校が始まった関係で一気にインフルエンザが拡がる傾向を見せています。私の勤務する学校でも、昨日は学級閉鎖が一クラスあり、今後も拡大するかもと言っていました。

 この時期ハワイに行かれる方は少ないと思いますが、ハワイでもインフルやノロウイルスが流行りつつあるようですから、注意が必要です。

 ハワイ島の「Four Seasons Resort Hualalai 」がトリップアドバイザーの旅行客によって、世界一のホテルとして選ばれたみたいです。どんな人たちが宿泊しているのかなという関心はありますが、ちょっと我が家には縁のなさそうなホテルのような気もします。

 さてハワイに行くことが決定したら、出来れば宿泊したいと考えているワイキキバニヤンですが、エクスペディアは1泊15000円前後+税金15%ということで高すぎると判断。

 昨年利用したバケーション・レンタル・バイ・オーナーの物件はすでに夏休み前半に予約が入っていますので、選択不可。

 ということで、今日は定番ですがアストンのバニヤンの宿泊費用はいくらぐらいか調べてみました。我が家は1週間単位で宿泊することが多いので、ウイークリープランを選択。

 するとスタンダードという部屋が7泊で税込み129283円だそうです。これはハワイ5-0をという50歳以上のプログラムと同じ料金で、あまりウイークリーのメリットを感じないような気もします。

 ともあれこれを7泊で割り算すると1泊18469円となり、なんとエクスペディアよりも高いことが分かりました。バニヤンは中高級コンドミニアムになりつつあるのか、それとも宿泊代そのものが高騰しているのか、更には円安の影響で円換算の宿泊費が昨年より1割上がってしまったということかもしれません。

 しかしこれではドル換算で1泊200ドルを超えてしまい、とてもじゃないけど宿泊できないなあという感じです。

 というわけで例年はここから「ココ・リゾーツ」というバニヤンの管理会社の物件を探して、さらに「バケーション・レンタル・バイ・オーナー」で最終決定という手順を経るのですが、今回は「WaikikiBanyanCondo.com」というサイトを参考にしています。  
  
 どんな会社なのか皆目不明なのですが、読者の方から紹介を頂いたような記憶もあります。英文のみのサイトですが、バニヤン内に80室を管理していて、ウイークリーのレンタル料金が最低700ドルと書いてありますから魅力的です。

 明日はもう少し詳しく英文を解読しようと思っています。


関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール