HOME   »  ★★★宿泊★★★  »  第1213回 ワイキキバニヤンの最低宿泊価格の目安

第1213回 ワイキキバニヤンの最低宿泊価格の目安

 今日は珍しくハワイ旅行に関連しそうなニュースが見あたりませんでした。英語のタイトルを見ているだけなので、見逃しているのかもしれませんが、4月から新しく大韓航空が日本とハワイ間の就航を開始、と言うのが本決まりになったようです。

 これでまた関東近県に住んでいる方の選択肢が拡がったように思います。最近の航空業界の動きを見ていると、ヨーロッパはともかくとして、世界的に航空機需要が高まると予想しているのか、あちこちで航空会社が新しい路線の運行を計画しているようです。

 阿部政権の経済浮揚政策が今後も効を奏するなら、日本から海外に向かう便も今後ますます増便されそうですが、成田や羽田だけでは対応できないだろうなとも思えます。個人的には茨城空港や静岡空港等からハワイ便が出ないかななんてことも思っています。(我が家から車で行くと、どちらも時間的には成田とそれほど変わりません)

 さて私がこのブログでワイキキ・バニヤンやその他のバケーションレンタルの物件をいろいろ探しているということを書き始めてから、いろいろな方から、こんなサイトはどうですか、というコメントやメールを頂き、大変嬉しく思っています。

 ほとんどのものが、私自身これまで知らなかったサイトですが、実際に利用、宿泊された方からのコメントやメールですから、信用度は高いと思います。

 というわけで、それらの情報を私自身で抱えているのはもったいないと思うので、次回以降、そのサイトをこの場でいくつか紹介したいと思います。ただし紹介してくれた方のニックネーム等は記載しません。

 もし私自身に教えただけで、こういったブログで公開されるのは好ましくないと思われる方がいらっしゃいましたら、事前にコメントをいただけるとありがたいです。(すべてのサイトが公に公開されているサイトですから、紹介者の名前を記載しなければ問題ないかなと判断しています)

 ちなみに昨晩、何回も紹介しているバケーション・レンタル・バイ・オーナーのページでワイキキバニヤンの2013年の夏場の相場はどのくらいだろうと言うことを調べていました。

 ここのサイトは、手続が英語で面倒ですが、オーナーから直接借りることが出来るサイトなので、基本的には一番安いと思っています。バケーションレンタルの管理会社はこういった物件をいくつかまとめて、管理会社の利益を若干上乗せしますから、それよりもほんの少し価格が高くなると判断しています。

 というわけで、昨晩の感触ですが、バニヤンの場合は安い部屋の宿泊料は125ドル前後でした。ちょっと高級とか高層階、角部屋、海一望、内装一新、というような部屋は150ドルぐらいでしょうか。実際には180とか200ドルぐらいの部屋もあるみたいです。

 と言うことは120ドルぐらいを安さの限界値と考えることが出来るかなと思っています。とすると1週間(7泊です)のレンタル料金は概算で

120×7×1.15+100=1066ドルという計算になり、為替を90円と仮定すると96000円ぐらい。つまり1週間約10万という結論です。

 ちなみに物件によってはマンスリー料金というものもありますが、ざっと見て2500ドル程度が多いように思えました。ということは一ヶ月なら税金等を入れて3000ドルぐらい?。日本円で27万円。ハワイに留学してバニヤンで過ごそうと思ったら一ヶ月このぐらいかかるということです。

 贅沢過ぎるように思えますが、昨年息子が通っていた英会話教室にはワードの高級コンド(ナウルタワー?)から通っていた学生さんもいたみたいで、「本当かい?」と思わず叫んだことを思い出しました。  
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール