HOME   »  ★★★資金計画★★★  »  第1217回 円安の旅行費用への影響

第1217回 円安の旅行費用への影響

 予想以上の速いペースで円安が進行していますので、それに伴って宿泊費用や滞在費用が上昇。今年のハワイ旅行は厳しいかもと思っている人も多いかもしれません。

 私の場合は日程の都合さえ付けば、ともかくハワイという環境の中に浸っていたいという考え方なので、滞在費用そのものにはそれほど大きな影響は出ないかなとは思っています。

 だいたい滞在中は、ワイキキ・バニヤンで基本的に日本と変わらない生活をすることが多くなりました。どんな感じかというと、朝起きると、先ずはグアバジュースを持ってラナイに出て景色を眺めます。

 ジュースを飲み干したら、買い置きしてあるパンを焼いて、コーヒーを入れて、卵とソーセージで朝食。これなら一人あたり2ドルぐらいの消費だと思います。

 たまにABCでチャウダーやホットドッグを買ってきたり、息子がマフィンを食べたりしていますが、これでもたぶん3ドルぐらい。

 パシフィックモナーク近くの「MeBBQ」で朝食用の野菜オムレツを買ってくると5ドルぐらい。奮発?して、「ワイキキイーストホテル」1階にある「ケオニ」でパンケーキの朝食を食べる場合でもチップを入れて7ドルぐらい。結果的にだいたい2~7ドルが朝食費用です。

 昼は、だいたい出歩くことが多いのですが、レストランに入るよりもフードコート等を利用することが多く、だいたい6~10ドルです。

 夜は自炊する場合と、レストランで食べる場合がありますので、これは価格の差が大きいです。肉を買ってきて、ご飯を炊いて、サラダを買ってきたりすれば、一人5~8ドルぐらい。

 お弁当やピザをテークアウトして持ち帰るときは、7~10ドルぐらい。私の夕食はこれにビールが数本加わりますので2~3ドルプラス。合計9~13ドル。

 しかしレストランに出かけた場合は、アルコールとチップを含めて、一人あたり15~40ドルと言うところでしょうか。従って夕食費用は最低5ドルで上限は40ドルぐらい。

 以上から三食の合計は12~57ドル。これが1日分で、息子と二人の場合は24~114ドル。平均的にどんな値になるのかはメインサイトの旅行記にも記載していますが、だいたい50ドル前後だと思います。

 我が家の場合、これで2週間、14日間過ごしますので、切りつめれば24×14=336ドル、贅沢?をすれば114×14=1596ドルが食費の範囲と言うことになりそうですが、実際には500~700ドルぐらいかなと思います。(2012年はスーパーでの食材購入費を除いて500ドルでした)

 2012年の為替は80円、現在は91円ですから、昨年の出費は40000円。今年またハワイに行けたとして同様の額を消費すると45500円。これが資金計画の目安になりそうです。

 実際にはこれに交通費や遊び代、土産代が加わり、昨年の滞在費総額は2週間で約1200ドル。1日85ドル前後です。今年いけたら、お土産代をちょっと削って、昨年並みの出費にすれば良いかなと考えています。
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール