HOME   »  ★★★資金計画★★★  »  第1235回 スカイ・トラベラーズカードの利点

第1235回 スカイ・トラベラーズカードの利点

 今日は特にめぼしいニュースはありませんでしたが、毎日新聞の朝刊に、大量のプラスチック破片がハワイに漂着しているという記事があり、やはり東日本大震災の影響かと思ったのですが、どうやらそれらの破片は太平洋を取り巻く、米国、カナダ、ロシア、日本、韓国、中国、台湾等から流れ着いたみたいです。

 1月中旬に調査したみたいですが、オアフ島ではエビの養殖で有名なカフクの岩場に破片があり、これらを水に浮かせて取り除く作業をしたそうです。

 写真で見るとまさに数cmの破片状態で原型をとどめていません。ただそういった破片が太平洋のあちこちに浮かんでいると言うことを考えると、私も日本で海釣りをしますが、ペットボトルやプラスチック製品は絶対に海に落とさないようにしないといけないなと感じます。

 次回ノースに行く機会があったら、ププケアやラニアケアの岩場にそういったプラスチックが漂着しているかどうかを確かめてみたいなと思っています。

 というわけで話は代わって昨日からの続きです。スカイ・トラベラーズカードのメリットですが、マイレージポイント以外では、空港ラウンジの利用が大きいと思います。

 ただ国内のラウンジはほぼ全域をカバーしているものの、海外はハワイとソウルしかありません。これはデメリットかもしれません。しかし同伴者は1名までは無料だということと、ハワイのラウンジが使えるのは、ちょっと嬉しいかなと思えます。

 また帰国時に空港からスーツケース1個を自宅まで無料で配送するサービスもあります。今後私は一人旅が多くなると思うので、これも助かるように思います。

 あとこの手のクレジットカードでいつも気になるのは、海外旅行傷害保険です。今私が持っている他のカードでは、保険はカード所有者のみにしかつかないので、毎回息子の保険をバラ掛けでかけていました。これが2週間で4000円前後です。

 しかしこのカードは配偶者や生計を共にする親族まで含まれますので、今後はこの4000円前後の金が不要になります。

 海外の場合の保険金額ですが、本人の場合死亡3000万、家族は1000万。これだけが金額が異なり、それ以外では傷害:100万、疾病:100万、賠償責任3000万、携行品:30万、救援者費用200万となっていて、疾病がちょっと少ないかなと言う気はしますが、とりあえず安心できる値です。

 この他到着便の遅延によって出費等が必要な場合の保証もあります。ETCもあるようなので、これはいずれ今使っているカードと入れ替えようと思います。

 では実際使ってみてどうなのかと言うことはまだ分かりませんが、とりあえずスーパー等の買い物で、どんどんポイントが貯まるようなので、買い物にも気合いが入りそうです。(笑)
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール