HOME   »  ★★★バンコク旅行★★★  »  第1257回 バンコクの交差点は複雑怪奇

第1257回 バンコクの交差点は複雑怪奇

 ハワイでは土砂降りの雨で、これまでの降雨記録を更新したようです。時たま日差しも戻ると書かれていますが、いくらなんでも土砂降りではきれいな虹も見えないと思うので、この時期の旅行者はがっかりかもしれません。

 カイルア方面では山崩れも起きているみたいですから、レンタカーの運転には注意が必要です。また高波の予報も出ています。こうゆう時はみんなアラモアナショッピングセンター方面に行くと思います。

 と言うことはカハラやパールリッジ方面に出かけた方がよいのかもしれません。ビショップミュージアムもオススメですね。ただしバスで行くと、バス停から数百m歩くことになりますので、その間に雨が降っている悲惨です。タクシーやトロリー利用が無難ですね。

 さてバンコク入りして早くも5日目ですが、午後からがひじょうに暑いです。全く気がついていなかったのですが、昨晩風呂に入って鏡を見たら、うなじから首にかけてしっかり日焼けをして、Tシャツ(ハワイのクレージーシャツばっかり着ています)の線がくっきり付いていました。

 昨日はバンコク郊外を走る新しい専用バス路線が出来たというので、物珍しさから単に乗るだけを楽しむために出かけてきました。

 どんな乗り物なんだろうとちょっと期待感もあったのですが、早い話がただのバスで、ただ走るレーンが一般車と区分けされているというもので、渋滞がないのが特徴です。

 約30分間の間に10個ほどの停留所があり、所要時間30分。しかし時たま左側にチャオプラヤ川の風景が見えるだけで、後は面白くも何ともない車窓風景でちょっとがっかり。ただこの運賃が約30円ですから、とんでもなく安いです。

 とりあえず体験したと言うことまでは良かったのですが、問題は帰りです。終点から接続する高架鉄道の駅が出来ていたので、これを地図で確認してあったのですが、いざ終点で降りてみると道案内がまったくなく、どっちに行けばいいのかさっぱり分かりません。

 周囲を見ても手がかりが得られず、そこに通りかかった黒い肌の屈強そうなガードマンさんに鉄道の駅に行くのはどうするんだ?と聞くと、彼は英語が分からないようでしたが、親切にバスターミナルの係員のところまで連れて行ってくれ、今度はそこの係員さんがたどたどしい英語とジェスチャーで駅の場所を教えてくれました。

 途中まで一緒に歩いてくれたので、結局迷わずにすみましたが、皆さん大変親切です。ただバンコクというのは都市計画が全くでたらめに出来ているとしか思えず、目の前に駅があるのに、その手前に巨大な交差点があり、そこを渡ることが出来ません。

 1回の信号待ちが2分とか3分あって、それが東西南北に振り分けられ、さらに右折専用の信号まであるので、歩行者はいつどのタイミングで横断すればいいのかまったく不明です。(歩行者用の信号はありません)

 しかも隙があると赤信号でも突っ込んでくるバイクやタクシーがいますので、必然的に360度全ての方向を身ながら横断することになり、よくこれで大きな交通事故が起きないなといつも感心させられます。

 しかしこれもまた旅行の面白さだと思うことができれば、バンコクの魅力が分かってくるのかもしれません。 

 
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール