HOME   »  ★★★資金計画★★★  »  第880回 格安ツアーの追加料金

第880回 格安ツアーの追加料金

スターアドバタイザーの記事より

 未明にアイエアにある「まきの茶屋」といいますから、パールリッジにあるお店だと思いますが、このキッチンのゴミ箱から出火。火はスプリンクラーにより消し止められたようですが、ダメージは相当大きく、建物のかなりの部分に及んでいるみたいです。

 私が知っている「まきの茶屋」は「アロハタワー」にあり、JTBがホノルル空港からの観光客をこのアロハタワーで一回休憩させていた頃は繁盛していました。その後JTBが説明会場を移動したため、日本人客が激減。昨年6月に閉店したようです。 パールリッジ店にこの店があることは、私も知りませんでしたが、今回の火事は大きな痛手になりそうです。

 ワイキキのオーシャンフロントに新たに26階建てのホテルを建設する計画が「京や」グループによって提案され、地元の環境団体ともめている?ようです。

 オーシャンフロントと言っても、「いったいどこに?」と思いました。ヒルトンの方かなと思ったのですが、地図を見るとどうも「ワイキキ・サークルホテル」あたりに見えます。新しく「エッグスン」が入ったホテルですね。今後の推移を見守りたいと思います。

 さて格安ツアーの予約時期について思うことを昨日書きました。一方ツアー会社さんの側では、航空会社から格安でチケットを購入できたとしても、それに利益を上乗せしてツアー料金を上げてしまうと、他社との競争に負けてしまう恐れがありますから、当然航空チケットから得られる利益はひじょうに少ないのではないかと思えます。

 とすると、ツアー料金の中の、他の部分で儲けを出さなければいけないことになります。ではそどうするのか。私なりに考えてみました。以下私の考えですから違っているかもしれません。ただツアー料金を眺めているとこんな事が考えられるのでは、ということです。

 先ずう~んと安い価格のツアーを作ります。採算ギリギリか採算度外視です。当然安いので消費者の目をひきます。

 次に問い合わせがあった時点で、「これは確かに安いツアーだけど、安いなりの不便がある」ということを話して、例えばマイレージの関係があれば、航空会社を指定してもらう。これによって上乗せ料金が発生。または出発時刻をある程度指定してもらう。これも上乗せ料金。

 というようなことをやって、それぞれの上乗せ料の中からほんの少しずつ利益を得る。これはホテルでも同様です。ツアー内容に書かれていることが多いですが、エコニミーホテル同等クラスの中でも、多少の違いはありますから、それを指定してもらうとか、ちょっとグレードアップしてもらう。そしてその中からまた少し利益を得る。

 出発日や帰国日の曜日によって、航空料金が若干変わりますので、そのことを説明して、そこでまた少し利益を得る。

 さらにあまりツアー料金表には書かれていませんが、チャイナエアラインだけはサーチャージが他の航空会社より少し安いのですが、そのことに触れずに、他の高いサーチャージの値段でツアー料金を設定し、その差額で利益を得る。

 等々がチケット関係で実際に行われているのではないかと思います。ただ結果的にツアー料金そのものは安いと思いますので、そういったことを知って参加するなら別段まったく問題ないと思われます。

 つまり閑散期のツアーで、航空会社もホテルもすべて会社任せで、言われた料金を払えば安い費用でハワイに行クコとが出来る可能性は大きいです。(必ず安くなる、と断言できないところがちょっと問題。どうして断言できないかについては今後説明します)
 
関連記事

 

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール