HOME   »  ★★★宿泊★★★  »  第917回 ワイキキ・ジョイホテルとリゾートフィー

第917回 ワイキキ・ジョイホテルとリゾートフィー

 レストラン探索シリーズ?(勝手に自分で名前を付けていますが)のカパフル編が一段落したので、ちょっと気分を変えようと、食事ではない話を。

 一ヶ月近い前ですが、アロハストリートからのメールで「ワイキキ・ジョイ・ホテル」の案内が出ています。通常220ドルの部屋が130ドルと数字だけから見ると破格のディスカウントです。

 ホテルの場所は、DFSの西側のルワーズ通りをはさんだ向かい側で、以前は1階に「カプチーノカフェ」(後にGENに改名したものの、現在は閉店)がありました。

 建物の外観は白を基調とした11階建てです。東側は通りをはさんでDFSがあり、南のビーチ側もルワーズ通り方向になるので、高層階の建物が多いので、ビーチ等の眺望は望めませんが、目の前にビルがあるというようなことではないので圧迫感はないと思います。

 場所的にはビーチウォークロイヤルハワイアンショッピングセンター等の繁華街に近く、バス通りのクヒオ通りまでは70mぐらいでしょうか。ひじょうに便利です。周辺に飲食店も多数あります。ホテル前の道路はそれほど交通量も多くないので、夜も比較的静かだと思います。

 部屋ですが、アロハストリートのメールではクラブスイートが130ドルと言うことなので、どんな部屋なのかエクスペディアで見てみました。

 すると、広さは39m2と書いてありますから通常のツインの部屋より一回り大きいですね。バスルームのジャグジーは以前から宣伝文句になっています。またBOSE製のスピーカーを使ったオーディオシステムも以前からよく宣伝されていました。

 今回はトイレにウオッシュレットが付いたというのが新しい情報のようです。12時チェックイン可能で無料の朝食付きというのも節約派には向いているかもしれません。ただし朝食の内容そのものはシンプルだと思います。
 
 とまあここまでは良かったのですが、この料金は税抜きなので実際には14%+1日につきアメニティフィー10.47ドルつくと書かれていますから、合計159ドルになってしまいます。これはちょっと高すぎるのでは、と言うのが率直な感想です。

 ちなみにアメニティーフィーリゾート・フィー)というのはいったい何かと言うことですが、スターウッド系の高級ホテル(ロイヤルハワイアンやシェラトン、サーフライダー、カイウラニ等)とアストン系の宿泊施設で2012年から施設使用料として1泊につき約10ドルが請求されるようです。

 私の好きなワイキキ・バニヤンも10ドルが設定されていて、内容は「インターネットアクセス」「コーヒー・紅茶のサービス」「新聞」「ルームサービス」となっているようですが、これまでは無料の扱いだったと思います。

 いずれにしても、今後は、飛行機代は運賃+サーチャージ+税金・空港使用料で考え、宿泊料金は宿泊代+税金+リゾートフィーで考えなくてはならず、表向きは10万円ぐらいのツアーであっても、すべてを加算すると14~15万円ぐらいになりそうで、旅行代金については細かく見ていかないといけないようです。


 

 


 

 
関連記事

 

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール