HOME   »  ★★★資金計画★★★  »  第953回 モアナ・サーフライダーに宿泊するツアー

第953回 モアナ・サーフライダーに宿泊するツアー

スターアドバタイザーの記事より

 ワイキキのカラカウア通りとオフア通りの前のビーチと書いてありますから、クヒオビーチになると思いますが、そこに荷物を置いて泳いでいた33歳の男性が、ビーチに戻ろうとしたとき、荷物を物色している50歳の男性を発見。

 容疑者はいったん逃走したようですが、その後警察が逮捕だそうです。このオフア通りというのは、我が家の定宿であるワイキキバニヤン前の通りで、「アランチーノ」のある通りです。

 その前のビーチと言えば、石のテーブルが5つぐらい並んでいるクヒオビーチで、我が家も良くあのあたりに荷物を置いて泳いだりしていますので注意が必要なんだなと改めて思いました。

 4月のハワイの倒産件数は前年比25.7%ダウンで、14ヶ月連続して減少だそうです。日本からの旅行客も復活しつつあり、今後も倒産件数は減少を続けるかもしれません。

 さてJTBのハワイツアーを参考にしながら、人気ホテルについて思うところを書いています。今日は第3位の「モアナ・サーフライダー」です。もちろん宿泊したことはありませんので、近くを通りかかったときの雰囲気や これまで読んだガイドブックやネットでの様々な記述を頼りに思うところをまとめていますので、興味のある方は実際に宿泊した方の旅行記を検索すると良いと思います。

 モアナ・サーフライダーの最大の特徴はエントランスにあると私は思っています。初めてハワイに行ったとき宿泊したのはハレクラニですが、その頃ワイキキのショッピング街というとロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターであり、この周辺を散策すると必ず目に付くのがこの「サーフライダー」の白亜のエントランスです。

 真っ白な建物がど~んと建っていて、その前に4本の柱が直立しロータリーとなっています。そのロータリーがカラカウア通りに面していますので、嫌でも目に付きます。

 ここに超ロングのリムジンが乗り付け、そこからハネムーナーが降りてくるのを何回も目撃していますが、遠目にも映画のワンシーンのようで、ものすごく恰好いいです。

 エントランス両側にはロッキングチェアがいくつか置いてあって、大柄な欧米人がそこにどでんと座り込んでカラカウア通りの喧噪を眺めている様子も絵になります。

 エントランスから中に踏み込むと、歴史を感じさせる通路となっていて、奧に抜けると大きな樹が1本左側に見え、その向こうはワイキキビーチという絶好のロケーションです。

 このエントランスのある建物自体(バニヤンウイング)はかなり古くなっているようで、リノベーションが行われたかどうか私は分かりませんが、一時期は「雰囲気は良かったけど部屋はちょっと狭く古かった」という書き込みがネット上で見られました。

 ただ東側にあるタワーウイングは新しい建物なので、こちらを指定できれば、上記のような印象は避けることが出来ると思います。

 エクスペディアで7月24日の宿泊価格を確認しました。24日を選んでいるのは、ツアー料金が安いと思われる火曜日だからです。

 価格はワイキキビューが26029円でタワープレミアオーシャンエスケープが40045円で、想像より安いなと言う印象を受けました。ただしこれまでもそうですが、エクスペディアの場合宿泊料金に税金等は含まれていませんので、実際には2割り増しぐらいになると考えた方が良さそうです。 
 
関連記事

 

Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール