HOME   »  ★★★交通★★★
Category | ★★★交通★★★

第2559回 行きのハワイ便で睡眠時間を確保するには

 トランプさんがパリ協定からの脱退を表明して、私はアメリカという国にいささか失望していました。ところがアメリカ内部でもパリ協定からの脱退は良くないと考える人も多いようです。

 中でも自然環境保護を唱えているハワイ州が「州として履行を目指す」というニュースがあり、ちょっとばかり見直しました。実は、脱退のニュースを聞いてから「ハワイはもういいか」と半分あきらめかけていたところもあるのですが、考え直しています。

 ただし私自身の考えは甚だ自分勝手なもので、温暖化反対と考えてはいるものの、車に乗り、飛行機で旅行に出かけていますので、二酸化炭素の排出は、全世界の一人当たりの平均値より多いかもしれません。

 従って偉そうにトランプさん批判だけはできないなと思っています。ただなんにしても政治レベルで二酸化炭素を減らし、温暖化の進行を鈍らせる努力は必要だろうな思っています。

 さて一昨日、昨日と、もしバンコクに行くとしたらという仮定で、東京~バンコク間の時刻表を調べていました。今回はバンコクにしろハワイにしろ、旅行に行けるかどうかという自分の体力が気になっているので、どういった時刻の便なら疲れないかということで調べていました。

 というのも現在の私は高次脳機能障害によるふらつきや味覚障害は退院当時より改善し、数泊の国内旅行なら行けるものの、それ以上の海外旅行は寝不足による体力低下が心配ということです。

 というわけで、バンコクに行くならどの時間帯の飛行機を選べばよいのかということを調べていたのですが、正直なところなかなか理想的な時間帯の便は見つかりませんでした。

 ではハワイはどうかというのが今日のテーマです。ハワイ便の場合、だいたい夕方から深夜(成田の場合10時、羽田の場合12時過ぎ)まで便がありますので、出発日の朝はゆっくり寝て午後に空港に向かえばよいだけで、出発日の寝不足の問題はありません。

 ということは行きの最大の問題は機内泊でどのくらい眠れるかということですが、この点については普段の状態でもかなり厳しいことがわかっています。

 そこで最近は乗り込んで食事を終えたら導眠剤(デパス)を1錠飲んで寝るようにしています。また座席指定をする場合はエコノミーなら隣がいないような、中央の3列の通路側を選択。
  
 さらに余裕があればビジネスクラスを選択。これによって何とか睡眠時間を3時間程度確保しています。しかしこれだけでは全然足りません。ワイキキ到着時はぼ~っとしていて、すぐにでも部屋で仮眠をとりたいといつも思います。

 バケーションレンタルの場合、前日の宿泊者がいなくてオーナーが親切だとお昼ぐらいに部屋に入れますが、そうでないと早くても部屋に入るのは1時ぐらいとなります。

 これを避けるためには、あらかじめ宿泊施設のオーナーや管理会社に早朝到着するので何とかなるかというメールを送って、その返事によって考えるのがよさそうです。

 そうでなければ1泊分余計に支払って、前日からの宿泊を予約するという方法もあります。過去に一度だけやりましたが、なんだか妙に不経済に感じられて、以後メールで早く着くのでスーツケースだけでも預かってほしいという方法に変えました。



 

第2523回 ハワイ入りしたことを妄想していると、いつのまにか寝ています

  昨日は暖かいというより暑かったです。冬物のシャツをしまい込み、半袖のポロシャツなんぞを探し出しましたが、ズボンが冬ズボンで暑い思いをしました。今日はこの後少し冬物を片付け、夏物を押し入れの奥から取り出す予定です。

 しかし暖かくなると、バンコクブログにも書きましたが、一層ハワイに行きたいという気持ちが強くなります。ここのところ就寝時にはいつもホノルル空港のイミグレに着いてワイキキ入りするまでを思い描いています。

 飛行機が着陸して、ゲートに到着。エンジン音が静まり、「ポーン」という音が聞こえると、一斉にシートベルトを外す「カチャカチャ」という音が聞こえ、気の早い人は荷物を持って通路に並んでいます。

 そんなに早く機外に出てもイミグレで行列があるので、それほど差はないだろうと考え、ゆっくり落ち着いて機外へ。(ただし離島に向かう人は乗継便の関係があって焦るのかもしれません)

 機外に出ると、サ~という独特の空調の音とともにハワイ特有の空気に出迎えられ、「いやあ、またハワイに来ちゃったなあ」とうれしい悲鳴を内心で叫びながら、イミグレへ。

 イミグレの行列は左奥の方が空いていることが多いので、迷わず奥の方へ。いかめしい係り官か金髪の美しい係り官か、どちらだろう?どんな質問をされるだろうか?と気にかけて並んでいると、やがて順番が。

 緊張して進み、係り官の質問にたどたどしい英語で答え、顔写真を撮られ、両手の指の指紋の確認。それが終わると入国儀式がほぼ終了。

 その先の階段を軽やかにトントンと降りるとスーツケースの受け取り、場所を掲示板で確認して指定されたターンテーブルに向かうと、すでにテーブルが動いています。

 自分の荷物を見つけ、税関は緑のレーンを通過。その先を、最近はロバーツシャトルを使う事が多いので左折。(スピーディーシャトルは右折)建物の外に出ると、一気に明るくなります。

 そのまぶしさに目を細めながら右側に並ぶロバーツのカウンターに近づき名前を申告。ここは日本語が通じるので、あっという間に手続きが進み、おばちゃんに促されるままにロータリーの待機場所へ。

 ここでの待ち時間は5~15分。すぐに大きなシャトルが横付けされ、同乗者とともに乗り込みますが、スピーディシャトルと違って、人数にはかなり余裕があります。

 やがて「それじゃ行きます」という運転者さんの声とともにシャトルは一気にH1へ。この時右側に空港と海の景色が広がるので、迷わず右側に座ります。

 しばらく走ると左側の山の上におなじみの雲が見え、前方にダイヤモンドヘッド。時にシャワーなんかがあったりすると、「いやあ帰ってきたなあ」という気持ちが高まります。

 とまあこのあたりですでにほとんど寝入っている状態で、なかなかワイキキに到着して部屋に入るところまで妄想は進みません。それでも毎晩このような妄想をしてそのまま寝ていますので、なんとも幸せな寝入りです。



 

検索フォーム
過去の全記事を表示
フリーエリア

私のメインサイトである
「ハワイ旅行あれこれ」
へのリンクです

スポンサードリンク




アロハストリートのブログランキングに 参加してみました。記事内容が参考になったら ぜひクリックをお願いします。

家族でハワイに行こう

にほんブログ村に登録しています
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングに 登録しています
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングに 登録しています

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
「ハワイ旅行あれこれ」以下は、私が管理している個人サイトです
FC2カウンター
プロフィール